経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fマリノスの俊輔選手の高テク溢れるミドル弾が炸裂!!!
 
華麗に来ちゃいましたねっっ(嬉しぃ~♪)


華麗に復帰弾
↑”俊輔 華麗に復帰弾”(折れ折れの汚い新聞紙でごめんなさぃ。。笑)


※故障者続出のF川崎ながらも攻撃力はあなどれない。
前半、その厚みある攻撃力のお株を奪うかのFマリノス攻撃陣のがんばり!!
FW起用の山瀬功選手がこの日も動きがイイ~♪
シュート放つもポストに弾かれ・・・相手DFにクリアー・・・されつつ、そのボールが俊輔選手の足元へ~。
右サイド約25mの距離(FKでも得意としている絶好のポジション☆)からの高い技術力ある(まさに!!)国際規格の華麗なシュートが衝撃的に川崎ゴールを揺らしたぁぁ=
(やっぱり!持ってるよお…25番の俊輔は…す、すごいッ!!)

この”ミスター・マリノス”の”俊輔弾”が火付けとなって、Fマリノスが攻撃的な主導権を握りピッチ上を圧倒する。(今年のマリノスは…ち、違うッ!!)

右よりFW渡辺千真選手からのスルーパスを受け取った山瀬功選手(ナイス!!飛び出し☆)がゴールを決めるぅ~♪
この2点目で早くも勝負あり!?(今の屈強な守備マリノスなら2点あれば、ゆっくり観れるかも~)

その後、26分には俊輔選手のFKからのチャンスの演出があったり(得点にはならずも魅力十分!)…。
さらに40分には、この日2得点目となる山瀬功選手の相手クリアー・ミスに乗じて、一気にゴール奪う!!この攻撃力~♪(いやぁーす、素晴らしぃ~♪笑)

後半も止まらな~い☆

後半15分には俊輔選手の正確無比なCKから、高い打点で競い勝ったDF栗原選手のヘッド弾がまたしても(2試合連続ゴール!)炸裂ッ!!(うひょーお!!!爆♪)
あのF川崎相手にダメを押す4点目~きたお。

完全に圧倒した感で横浜Fマリノスが勝利☆
 これっ!?今季、行けるでしょう???

どこまで??・・・秋に喜べるかなぁぁ~???うふふ。。


試合後の俊輔選手のインタビュー:
(前節からの連携面での変化は?)僕が周りの選手を活かすことに加え、周りが僕のクセ・特徴を活かしてくれるような場面が何回かあった。
(チームとして)どんどん課題を見つけてやっていきたい!



チームとの連携に手応えの強さを感じているという俊輔選手。そんな中でも、まだ肉体的?なコンディション具合には微妙なズレもある様子。ドリブルするとき、ボールやグラウンドに対しての違和感があるとも言いつつ、これはすぐにでも修正できるとの自信を窺わせていた!という報道もあり―。

またこの日のゲームでは、先発FWに開幕~前節にスタメンを張っていた長谷川選手を控えに、そして主に右サイドのMF役だった山瀬功選手を上げてFWへ。空いたMFには若き有望株の狩野選手を(ボランチ役)起用!これがズバリ!当たる木村”感覚的”監督の采配がよかった!
如何に俊輔を活かすか?そして俊輔が活かされるのか??
周りの若い選手の下地は昨季あたりから、カラフルに芽生えてきている印象あり!
これに俊輔が完全に普通に違和感なく混じり合えば・・・恐れるものなどそうそうにありません!!(…多分ネ)

狩野選手:俊さんといい距離感でやろう!と話しあっていた。自分がボールを持ったときに、ずっと近寄ってくれるから楽。

中沢選手:得点パターンが増えた。後半に攻め急いだのは課題。何でもかんでも前に行けばいいというわけじゃない。

木村和司監督:連勝は気持ちいい。完勝だったね。もう1点入ってりゃ~ショック死だったけどねぇ(笑)。(俊輔選手の復帰初得点について)あのゴールでフロンターレもびびったねぇ。ベンチから見ていて、蹴った瞬間入った!!と思った―。



この調子、この調子♪・・・がんがん行こうお!!!


スポンサーサイト
横浜Fマリノス2010ホーム開幕戦 横浜Fマリノス2010ホーム開幕戦

○横浜Mが快勝=Jリーグ・横浜M-湘南

 横浜Mが終始試合を支配し、快勝で今季初勝利。前半22分に中村のCKを栗原が頭で決めて先制。その後もサイド攻撃を中心に攻め、後半にも渡辺と途中出場の狩野が加点した。湘南は中盤で形がつくれず、速攻以外見せ場がなかった。

○中村、最高の復帰戦=CKで先制点演出

 前半22分、中村のCKを栗原が頭で決めた。大歓声の中、横浜Mのフィールドプレーヤーが中村に歩み寄り、「ゆりかごダンス」のポーズを披露した。最高のJリーグ復帰戦となった。
 約8年ぶりに古巣のユニホームに身を包み、ホームのピッチに立った。「久しぶりに帰ってきたんだな」という一方、「プレッシャーもあった」と振り返る。しかし、試合が始まれば持ち味を存分に出した。前半6分のミドルシュートで攻撃に火を付けると、その後もドリブル、サイドチェンジなどを次々と繰り出し、後半39分に「俊輔」コールの大合唱を背にベンチへ退いた。
 左MFの山瀬は「僕と俊さんで、両サイドの高い位置に起点をつくれた」と、前節は無得点に終わったチームにもたらした効果を口にした。
 6月開幕のW杯へ、出番を求めて決断した日本復帰。今も欧州での自らの映像を収めたDVDを繰り返し見るという。「何でエスパニョールで試合に出られなかったのかを、しっかり受け止めないと」。
 悔しさを胸に秘めつつも、「マリノスというチームのこまとして機能することを意識したい」と強調する。次節の川崎戦へ、「きょうのことは忘れて、次に集中したい」。新しい挑戦は、順調に幕を開けた。(時事通信より)


横浜Fマリノス2010ホーム開幕戦
今日の(ホーム開幕になる)日産スタジアムの入場観客数は多かったですね!!
これも”俊輔・加入効果”の現れですねっ☆(自分も現地へ行って観戦したかったですよ!)
営業部さんもウハウハ♪だったでしょう。。

しかも試合も今季からJ1部に復活し上がってきた”湘南ベルマーレ”。
”神奈川ダービー”になりましたね。

その湘南、攻撃的なタレント陣に面白い存在もあって、どんな試合展開になるのかっ!?楽しみ♪でおりました。

横浜Fマリノス2010ホーム開幕戦 横浜Fマリノス2010ホーム開幕戦

キックオフの直後、湘南勢の攻め上がりの良さと、”入り方”にまだ難の感じるFマリノスとの差に微妙なものがあって、”・・・湘南、やるジャン!?”なんて思ってましたが、、、
最初の内だけでしたぁ。。。

Fマリノスはとにかく”俊輔効果”が発揮されてましたね☆
ボールがパスがどしどし俊輔選手の足元に来る、来る、、来る、、、
そして、キープして、さばく、さばく、、味方を活かすかのイイ~♪パス出す、出す、、、

早くもその存在感がありましたね!
”マリノスの王様”ぶり窺えましたよお。


この試合の得点も3点!!!

そのどれもが…

(俊輔のCK)セットプレーから故障から復帰したDF栗原選手の先制ヘッド炸裂☆

ペナルティエリア内でMF山瀬功選手のドリブルで切り込んでからのシュートを(キーパーの)弾いたボールを押し込むFW渡辺(今季初)弾キタッ!!

最後は俊輔との交代で出場したMF狩野選手の存在感をアピールする豪快っ!
なミドル弾の発令~♪キタキターッ☆
横浜Fマリノス2010ホーム開幕戦 横浜Fマリノス2010ホーム開幕戦

DF、FW、MFと、どのポジションのどの場面からでも得点シーンに絡めるとなると・・・

これは攻撃的にも十分な厚みが出てきすね!
(これまでにない攻撃的Fマリノスにかなり期待できますよお。)

俊輔選手が加入してのチーム・バランス面においてもさほど問題はなさそう~
フィジカル的にも問題はなさそう~♪(これはっ!?…かなり期待できるね~♪♪w)

狩野選手がスタベンになる?
のがちょい気掛かりですけどね。。
(でもでも、今日の豪快ミドルは凄かったゾ!!)



これなら!!”鹿島アントラーズ”と早いトコ、
やりたいっっね~(笑)


2月28日に中村俊輔選手の横浜F・マリノスへの完全移籍を正式に発表しましたね。
背番号は「25」と言うことで、自身のルーキー時代の番号の付いたユニを着て、早速”日産スタジアム”でお披露目をされたそうで~。
中村俊輔 正式にマリノス復帰!.

中村俊輔選手
「横浜F・マリノスに移籍することが決まりました。やっぱり、ここまで難しいこともありましたけど、無事F・マリノスに戻って来れて非常に嬉しく思っています。良いプレーをして、自分の経験を生かしてF・マリノスを強く、チームが大きくなれるように貢献していきたいと思いますので、よろしくお願いします」

[質疑応答]
Q.8年ぶりのJリーグ復帰となった決め手、そしてF・マリノスへの想いは?
中村「1年半ぐらい前から日本に戻ることを考えていて、そのクラブはF・マリノスしか考えていませんでした。今日、こうやって戻って来れて嬉しく思っていると同時に、帰りの飛行機の中で向こうで結局結果を残せなかった悔しさもわいてきました。この悔しさを次に生かさないと意味がないと思います。また新しい挑戦なので、頑張ります」

Q.契約内容、そして開幕戦出場が可能なのか?
嘉悦「契約年数や年棒については、当然公表できるような問題ではありませんので差し控えさせていただきます。登録につきましては最短で出来るような手続きを進めておりますが、間に両国協会も入ってきますので、それ次第という部分があります。開幕は微妙かもしれません」

Q.スペインからJリーグ復帰を決めた最大の理由は?
中村「こういうタイミングでの移籍は難しいと思います。が、一つはワールドカップが近づいて来ているので、プレーできる環境でやりたいということ。そして前から、F・マリノスでやりたいと考えていました。その他にも、理由はいくつもあります」

Q.スペイン挑戦の結果について、どうとらえているか?
中村「あの時期に行くのは、もしかしたら試合に出れないというリスクも理解して行っていました。けれども、そういう高い壁に当たらないと僕は伸びないタイプなので。こうやって戻ってきたけど、全く悔いはありません。また高いレベルが見えたので、次にそれを生かせば自分は伸びていくことができます。2002年に日本代表に選ばれなかったときもそうだし、レッジーナで試合に出れないときも、それをバネにして自分を伸ばすことが出来ました。今回のスペインも失敗とは思っていません」

Q.スペインでの経験で、これから生かしたいことは?
中村「もちろんプレーの質とか単純にフィジカルとかもありますが、それ以外、たとえばチームメートとの試合までのプロセス。エスパニョールにはアルゼンチンの選手が多かったが、試合へのバスの中ではお祭りじゃないが賑やかに騒ぎ、それが負けた帰りのバスではケンカし合ったりしていました。いろいろ、伝えていきたいことがあります」

Q.ヨーロッパからJリーグに戻ってきた日本人選手で必ずしも活躍できていないケースが多々あります。これからJリーグや日本代表で活躍するために一番必要なことは何だと考えていますか?
中村「やはりメンタルです。半年前に戻る話が出たときもいろいろ想定していました。日本から海外に出るときより、日本に帰ってきたときの方が難しい。日本人の持つポテンシャルは、海外で結構、驚かれます。逆に日本に帰ってくると、やって当たり前と見られる。そのプレッシャーにどう勝つか。そこは個人だけでうまくいかないところもあると思うので、チームメートの力を借りたり、また生かしてあげたりしながらやっていきたいです。そういうことは自分の頭の中に入っています」

Q.F・マリノスにおける目標は?
中村「あまり先のことは考えられない。早くチームに溶け込むために何をするかが頭の中に入っています。Jリーグ全体のDVDは前から観ていたので、誰がどういうプレーをするかはだいたい把握しています。そして印象として、Jリーグは速いと思うので、それに慣れるのも重要なことだと思います。もうワールドカップまで時間がないので、活躍をしないとアピールも出来ない。まあ難しい挑戦だと思いますけど、頑張りたいです」

Q.もう木村監督と話はしましたか? 木村監督の印象については?
中村「ロッカールームで少し話をしました。今のチームの状況を聞きました。ジーコ監督も、ストラカン監督も、アルディレス監督もそうですが、偉大なプレーヤーだった人は独特の感覚でしゃべる部分があるので、そういうのを聞き逃さないようにしたい。きっと吸収できるものがあるはずなので楽しみです」

Q.これからの夢は?
中村「F・マリノスを優勝させて、強くしたい」


<サポーターへの挨拶>
中村俊輔選手
「F・マリノスへの移籍が無事に決まりました。またこのトリコロールのユニフォームを着て、頑張りたいと思います。みなさんも応援の方をよろしくお願いします」
マリノスのHPからの引用です。)




背番号は『25』中村”マリノス”俊輔 Jで再生へ!
”かなスポ”(神奈川新聞のスポーツ欄です。)でも大々的に取り扱われていました!
”神奈川のJクラブ、神奈川出身の代表クラス選手”と来れば地元紙が大きく取り上げるのも当然でしょうか。
見出しにある『覚悟はあるのか?』はサポーターからの一つの訴えなのでしょう。会見後にお披露目されたスタジアムの横断幕にドンッ!と掲げられていましたから―。
期待感の裏変えしでもあるでしょう。
たとえ海外実績のある俊輔クラスの選手であっても生半の気持ち・気合での移籍ならばお断りっ!?納得しない!というメッセージもあるかもしれない。。
要は骨を埋めるつもりで”マリノスで全身全霊で頑張れ!!”発奮させる意の方が強い?のかな―。


今のマリノス、とにかく中盤には活きの良い将来性感じる若い選手が育ち盛り♪です。
この俊輔選手の実績や技、考え方の一つ一つがチームに大きな影響力を与えるくれるでしょう。

あとは、、、どこまで若い選手を引っ張るなり背中押しかケツを叩くなり(笑)をして行ってくれるのか??
チームに問題なくスムーズにフィット出来れば、自身の”日本代表”(岡ちゃんの溺愛?外野からも文句なしっ!の)選出もおのずと決まってくるはずですし。
俊輔選手の以前と変わらない、あの”輝き”ある足技と存在感をサポーターは期待しているはずですよ。
”覚悟”を観たいわけですよ。

個人的には十分に楽しみ♪なわけですけどね。

この移籍と活躍が、Jリーグ/代表戦の人気再加熱への起爆剤の一つにも…なって欲しいナ~

今季は年齢的なもの、W杯イヤーということもあるでしょうけど、稲本、小野伸、俊輔…と帰国ラッシュ!?
ある意味、”ベテラン”選手と今の代表チームとのターニング・ポイント的な年になりそうな。
リーグが楽しみ♪ダネ。




ブログ内関連記事:俊輔F・マリノス復帰へ!!!

横浜F・マリノス(ウィキペディア)


何はともあれ(今度こそ!)ウェルカムゥ~♪♪

○完全で合意!週明けにも「横浜・俊輔」誕生

 エスパニョールの日本代表MF中村俊輔(31)の移籍問題で、横浜と中村サイドが20日、基本合意に達した。横浜の強化トップの下條佳明チーム統括本部長(55)によると、中村の代理人を務めるロベルト佃氏と電話で交渉し、完全移籍の複数年契約とする方向で合意した。今後、横浜とエスパニョールがクラブ間交渉に入る。早ければ週明けにも正式決定する見込みだ。

 横浜はこの日、所用のため滞在していた韓国から戻ったロベルト佃氏と電話で交渉。そこで移籍の条件を提示した。「条件などをすり合わせた。うちとしては幅は出している」と下條氏は説明した。かねて嘉悦朗社長(54)は「中途半端な形で短期的な話では困る。選択肢は(完全移籍)それしかない」と話しており、完全移籍での複数年契約を提示したものとみられる。契約年数や金銭面など細部の詰めは残されているが、下條氏は「俊輔サイド(との交渉)とクラブ(間交渉)とは別の話」と話し、中村サイドとは基本合意に達したことを示唆した。

 今後は横浜とエスパニョールのクラブ間交渉に入ることになる。下條氏は「一両日中に方向性を出したい」と話しており、正式決定までに時間はかからないとみられる。(スポニチアネックスより)


俊輔マリノス復帰へ


※まあ、正直現状(故障がち&不調時?!)の俊輔選手がどこまでマリノスにフィットするのか???疑問。
ポジションとか現状(マリノス)の戦術だとかチーム構成にどう好影響をもたらしてくれるのか…

分からないね~(苦笑)。

狩野、兵藤、坂田、渡辺…攻撃型の若い選手は伸びて来てますし―。シーズンでもどんどん起用するべき!
彼らの指標(先生役)として俊輔加入の影響は何かしらであるだろうけどね☆

俊輔選手が海外進出前のマリノスの試合ももちろん!観ていたけど、彼のFK時(ボールをセットする時)なんかは、スタジアムの空気が変わるんですよぉ~。それは楽しみです。


この最近の人気下降気味(観客動員に陰りも…)なJリーグそのものや、もちろん横浜F・マリノスにとっても人気の”回復・復調”の起爆剤!!になることをただただ祈る!!!
なんだかんだ”話題性”はあるからね。

俊輔選手自身の”輝き”がまた戻ってくれば、、、期待は膨らみます!


マリノスの現「10番」は山瀬功選手でイイよね♪
俊輔は「25番」でイイんでないの?
生粋のマリサポの方はその辺りどう思っているのかも興味あるなぁ。。


…しっかし、エスパニョールの見切りも早いッ!よねぇ。。

○中村、エスパニョール移籍=古巣の横浜Mに断り

 サッカー日本代表のMF中村俊輔(30)=スコットランド・セルティック=がスペイン1部リーグのエスパニョールに移籍することが22日、決まった。移籍交渉をしていたJリーグ1部の横浜F・マリノスが明らかにした。この日、中村の代理人が横浜Mの松本喜美男統括本部長と会談、正式に横浜Mの申し出に断りを入れた。欧州での報道によると、エスパニョールは中村に2年契約、年俸120万ユーロ(約1億6500万円)を提示、基本合意に達したとされていた。
 
 中村は、かねてからスペインでのプレーを希望していたこともあり、エスパニョール移籍を選択した。松本統括本部長は「スペインという本人の大きな夢があった。レベルを高めたいという判断が最終的にあった」などと話した。

 中村は1997年に横浜M入り。イタリア1部リーグ(セリエA)のレッジーナを経て、2005~06年シーズンからセルティックでプレーし、リーグ3連覇などに貢献した。今季限りで契約が切れるセルティックが残留を要請し、横浜M、エスパニョールが獲得に動いていた。(時事通信)



※横浜在住者の自分としては、やっぱり”地元”横浜F・マリノスがリーグ戦で活躍するニュースを日々楽しみにしているので、元々が横浜人のそして古巣マリノスの10番選手としても活躍されていた中村俊輔選手のヨコハマ”ご帰還”を心待ちにしてました。
が、今回もやっぱりドンデン返し(笑)!!でしたね。

今では日本代表の主力でありエース格の俊輔選手ですし、周りへ与えるその影響力は10年前のマリノス時代のそれとは明らかに違いすぎますね。
そんな中にあっても己のレベルの高みや進化の気持ちを持ち続ける俊輔選手の個性は大事ですし、尊重するべきでしょう!
イタリア~スコットランド、そして本人が古くから希望していたスペインの地へ―。

いちファンとしてもこれまで通り応援して行きたい!ですし、俊輔が披露する魅力的な技あり!!なサッカーを楽しみにしてますよ♪
どこでプレーするにも、頑張って欲しいという願いでいっぱいなのです。

来季のスペイン・リーグはC・ロナウドにカカに、世界規格を超えてるトップ・プレーヤーがこれまた移籍してきてますし、そんな中でも輝きをみせる俊輔を観たいですよね!



・・・しっかし、マリノスの社長は何をやらかしたのでしょうかね!?(苦笑)
これまでの報道でも、”俊輔マリノス復帰”は確実視をされていたかと思うのですが・・・。
社長(球団側)の”誠意”が薄かったのか、何かの不手際(?)があったのか、これまでの経緯をちゃんと包み隠さずにサポーターへ伝えるべきだとも思いますけどね―。



(関連記事)
俊輔よ、Jに復帰するべしっ!!


○『10番』選手のご帰還!?楽しみ~♪だよ。。。

○いきなり浦和と!俊輔6・21横浜復帰戦

 セルティックの日本代表MF中村俊輔(30)の横浜復帰が決定的となり、6月21日の浦和戦(日産ス)が復帰初戦となる可能性が高くなった。横浜の斎藤正治社長(59)が19日、中村の代理人を務めるロベルト佃氏に対して16日に獲得の意思を伝えていたことを明かした。今後、条件面の交渉を行うことになるが、中村自身が横浜復帰を熱望しており、合意は時間の問題。6・21浦和戦で7年ぶりの「横浜・俊輔」がお披露目されることになりそうだ。

 資金難からなかなか前に進まなかった横浜の中村獲得問題が、ようやく動いた。斎藤社長は16日に中村の代理人を務めるロベルト佃氏に電話をかけて獲得意思を伝えたことを認め、こう続けた。

 「ぜひ、われわれの誠意を受け止めてもらって、帰って来てくれることを信じています」

 年俸、契約年数など条件提示は一切なし。何が誠意なのかは難しいところだが「やっと会社としての方針を固めました」との言葉で、横浜なりの熱意と誠意を代理人に伝えたという。


 中村はセルティックでのリーグ戦を1試合(24日、ハーツ戦)残しており、26日の帰国後は日本代表への合流を控える。そのため、契約の成立は6月までズレ込む可能性が高いが、中村自身が横浜への7年ぶり復帰を望んでいるため交渉は順調に進むとみられる。セルティックの練習がオフだった19日、中村は「話は代理人からは聞いていない。今はリーグ戦だけに集中している。シーズンが終わってから、代理人と方向性について話し合う」と答えるにとどめた。

 背番号は横浜の新人時代につけ、現在セルティックでも背負う25番が有力だ。すでに横浜サイドは中村の復帰戦をリーグ中断明けとなる6月21日の浦和戦とする方向で調整に着手。トリコロールのユニホームを身にまとう中村の姿が、浦和戦という最高のカードで見られそうだ。
(スポニチ)





※つい先週だったか、横浜Fマリノス情報にも熱意のある記事と情報を発信されている”かなスポ”(神奈川新聞にあるスポーツ欄です。)でも、この”俊輔復帰”記事を目にしてました。が、その時の情報では、移籍に絡む契約金(約5億!?だとか)の捻出も厳しい!!・・・みたいな情報で、半ば諦め!?っぽい印象でした。
親の日産さんも相当!!厳しいでしょうし=

が、わずか数日でこの随分と前向きなフロントの発言と報道に、また信憑性もありますし~
 今度こそ!!帰ってきそうですねッ☆

現所属のセルティックも半年ほどの前?の報道では、大事な選手としながらも俊輔本人の意向を尊重する!みたいで、決して移籍自体に大きな障害も無い!印象でしたね・・。

25なかむらしゅんすけ

報道にもありますが、
まだまだ中村俊輔選手はマリノスへの里帰りを希望してくれているようで・・・(>_<。) (感涙デスョ)

現在のマリノスは開幕直後からの不調停滞期(?!)は過ぎて、なんとか目標するサッカーも見え隠れ??なのか。順位的にも最悪状況は過ぎつつで、同じ横浜市が所属になるベイスターズの試合ほど徹底的に観戦はしていませんが・・・(大汗”)。それでも気になるところ・・。

鹿島、浦和、ガンバ、新潟、川・・・の勢いに何とか追い付きたい!!ところ。
やっぱり優勝戦線で戦わないと・・・面白味ありませんし!
この鹿島・浦和時代を一刻も打破して欲しい!!ところ―。


俊輔の復帰が現実になれば、そりゃ~戦力の底上げ&得点決定力と演出力、さらに華麗なるシステムも夢じゃないかも!
本人にとってもW杯もいよいよ来年ですし・・・代表チームの合宿にもスグに参加できる日本の地に居た方が利便性も高いでしょ?!お子さんがまだまだ小さいというのも帰国を考えてる一つでもあるとか・・・。

復帰戦に目標?されているのがこれまた地元日産スタの浦和戦!!!というのも中々の演出じゃないでしょうか。決まれば観戦決定~☆です。
いやぁ~楽しみが増えた・・・かも(?)。


マンチェスター・ユナイテッド(欧州代表)5-3ガンバ大阪(アジア代表)

(ゴール)
(マンチェスター・U)
ビディッチ(前半28分)
C・ロナウド(前半44分)
ルーニー(後半30分)
フレッチャー(後半33分)
ルーニー(後半34分)

(ガンバ大阪)
山崎雅人(後半29分)
遠藤保仁(後半40分)
橋本英郎(後半44分)




サッカーIMG_0141_1
上左)C・ロナウドの”ドリブルさばき”
上右)そのドリブルの華麗さも、この打点の高いヘディング・シュートはプレミアのシーンがそのまま輸入された様な・・・す、スッゴイ☆
中左)前半途中に西野監督も腰砕け気味!?
中右)ヘコ垂れる事無く!!!ガンバは攻めた!!!マンUを”本気”?にさせた貴重な”流れの中”でのゴール♪値千金☆
下左)で、でたっ!!”PK職人”遠藤選手のこれぞ・・・”コロコロ・PK・ゴール”。昨年の対マンUで魅せた俊輔のFKも凄かったが・・・この遠藤のコロコロもスゴイ!!(何せ相手GKはオランダの守護神ファン・デル・サールですよ~)
この試合の遠藤選手は攻守の要となって、すこぶるいい動きをしていましたね~☆
・・・もし!?あと5歳若かったなら・・・欧州のクラブに引き抜かれていますよね!?逆に左サイドでエグりにエグってた安田選手は狙われていたり??。。彼はC・ロナウドのユニと交換していたみたいで”宝物”にするのでは?w
下右)とにかくお互い良くも悪くも持ち味の出た”撃ち合い!!”実力の差はまざまざですが、終始クリーンな内容で、観る分にも楽しかった♪ですよね。
”5失点”は予想のある程度付く!?ところでしょうけども・・・ガンバの”得点3”と言うのは、素晴らしいと思います!!ファーガソン(監督)もビックリ!?してる・・かなぁ~。。(って・・していないでしょうね!)






○マンUが決勝進出=G大阪、後半3点奪うも5失点-クラブW杯サッカー
 サッカーのクラブ・ワールドカップ(W杯)第5日は18日、横浜市の日産スタジアムで準決勝の残り1試合が行われ、欧州代表のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)がアジア王者のG大阪を5-3で下し、21日の決勝に進出した。南米王者のリガ・デ・キト(エクアドル)とクラブ世界一を争う。
 南米勢と欧州勢の決勝対決は、大会が現行方式となった2005年以来4大会連続。G大阪は北中米カリブ海代表パチューカ(メキシコ)との3位決定戦に回った。
 マンUは前半28分、右CKをビディッチが頭で合わせて先制し、ロスタイムにはロナルドが同様のセットプレーで2点目。G大阪は後半29分に山崎のゴールで1点差としたが、途中出場のルーニーの2ゴールなどで3点を奪われ、終盤の遠藤のPK、橋本のゴールも及ばなかった。
 5位決定戦ではアジア2位のアデレード(オーストラリア)が、アフリカ代表のアルアハリ(エジプト)を1-0で破って5位となった。
時事通信より)



○G大阪、真っ向勝負で敗れる/クラブW杯
 攻撃サッカーでアジアを制したG大阪が、欧州王者に“本物”の攻撃力で圧倒された。西野監督は試合展開をこう読んでいた。「ポゼッション(ボール支配)を半分も取れるわけがない」。それでも選手たちは中盤のパスワークで好機を探り続けたが、現実は厳しかった。
 序盤に播戸が絶好の先制機を逃すと、前半で2失点。ともにCKから身体能力の差を見せつけられた。後半に山崎が1点を返した直後、あっという間にルーニーらに守備網を破られて3連続失点。遠藤と橋本のゴールで意地を見せたが、後の祭りだった。
 マンチェスターUの試合は普段からクラブハウスや移動のバス車内のビデオで流れている。「映像で見る限り、押される場面がない」という橋本の言葉通り、実際に同じピッチ上でも歯が立たなかった。
 1996年アトランタ五輪で西野監督率いる日本がブラジルを破った「マイアミの奇跡」で、守備を重視した采配(さいはい)は批判も浴びた。再び訪れた世界の舞台で真っ向勝負を貫いたが、その分だけ世界最高峰との力の差をはっきりと突き付けられた。
サンスポより)



ガンバ大阪と言うよりは、日本のサッカー全般にもなるのでしょうが、決める所はとにかく”一発”で確実に仕留めないと・・・(播戸選手の”外し”か”入れるか”で、その後の局面も変わってきていたハズ!?)。
パス交換での特にロングボールや強めのパスによるトラップ・ミスも目立った印象でした。
個人技では敵わないものの、DFの組織力のマズさを含め、細かい所での雑な印象(スタミナ切れなのか後半)を受けました。そういうのがとにかく残念!
でも!3得点は本当に素晴らしいし”超”感激☆致しましたね=

続きを読む »

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。