経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
○”ガラスの右腕”返上!杜の都にそびえる絶対的エース
いわくま21
WBCでの投球はとても眩しく格好良かったですね~。この大会での岩隈投手の活躍は多くの野球ファンに記憶され、また特に野球ファンでなかった方々には鮮烈なほどの印象も残したでしょうね。
また昨季はリーグでも23年ぶりになるという”21勝”を稼ぎ最多勝に。
さらに最高勝率、防御率のタイトルも奪取し投手三冠王に輝きました!!!
さらにさらに優勝した西武の選手らを差し置いてリーグMVP(年間最優秀選手)やベストナインに最後には投手で一番栄えある”沢村賞”も獲得。
セーブ王、奪三振以外の主要タイトルをほぼ総獲り状態!

野村監督からは”ガラス玉”だとか、スポーツ紙からは”ガラスのエース”だとか、肉体・体力的にどこか頼り無さを露呈していたここ数年間・・。
ファンもやきもきさせながらもメスを入れた右ひじの手術からの復活劇とこの成績・活躍は本当に凄い!と思います。


近鉄エース時代のいわゆる”2段モーション”の名残もあるかのこのゆったりしたフォームから、低めにズバズバ決まる球威も制球(コントロール)力も充分なストレート。さらに刻み良くバットの芯を外す横変化球と、決めとなる必殺の落差ある縦変化のフォーク。
どの球もキレ・球威・制球は抜群すぎるほどで、変な言葉になりますが、まるでいとも簡単に投げているように観えてしまうほど―。(簡単なほど”難しい”とはよく聞きますが・・・。)
先発ピッチャーとしての試合を組み立てる安定感も抜群ですね。


この昨季のタイトル独占で、弱点も欠点もないんではなかろうか?と思えるのですが、投手としてもコーチ・監督・評論家としても素晴らしい実績を残していらっしゃる権藤博氏は云います。
”190cmのカラダがありながら、変化球を多投する必要はない。もう少し広くストライク・ゾーンを使うことを覚え、ストレートを多用すべきだ。変化球を投げる場合は、イニングにもよるがスコアリングポジションにランナーを置いたところでの勝負球。多く投げていては、疲労感が増すばかりだ―。”(”剛球魔球伝説~日刊スポーツグラフ”より)

まだ投球に”伸びしろ”があるということなのでしょう?!
’09年のWBCで世界の空気をも感じ取ったその投球で、これからも一体どう数字を伸ばして行くのか?楽しみな現役投手のひとり!ですよね。



岩隈久志(いわくまひさし)
1981年4月12日生 右投右打
東京都出身 堀越高ー近鉄バファローズ(1999年ドラフト5位入団)ーオリックス・バファローズ(分配)ー東北楽天ゴールデンイーグルス(トレード)
通算成績(2008年まで):157試合、78勝47敗、完投37、勝率.624、投球回数1052.0、奪三振811、防御率3.43   
主なタイトル:最多勝利(2004年、2008年)、沢村賞(2008年)、最優秀防御率(2008年)、最高勝率(2004年、2008年)、最優秀選手(MVP)(2008年)、ベストナイン(2004年、2008年)、 最優秀バッテリー賞(2008年・藤井彰人捕手との獲得。) 、セ・パ交流戦優秀選手賞(2008年)、月間MVP(2003年4月、’04年4月、’04年5月、’08年6月) 、第二回WBCベストナイン(2009年)


スポンサーサイト
ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。