経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尾花ベイ☆原巨から劇的なサヨナラ初勝利!
スレッジ選手のサヨナラ3ラン!!!
スレッジ選手のサヨナラ3ラン!!! スレッジ選手のサヨナラ3ラン!!! スレッジ選手のサヨナラ3ラン!!!
↑歓喜の水しぶきの中、スレッジ選手はすべり込んでのサヨナラ☆ホームイン!!!

2010/03/31(水)横 浜-巨 人 2回戦 (1勝1敗、横浜、18:02、19347人)
巨 人 4 0 0 0 1 0 0 0 0  5
横 浜 0 1 2 0 0 1 0 1 3X 8


【投手】
(巨)西村健、金刃、越智、豊田、土本-鶴岡、阿部
(横)吉見、加賀、木塚、高宮、真田、牛田-橋本

【責任投手】
(勝)牛田3試合1勝
(敗)土本2試合1敗

【本塁打】
(巨)
(横)村田2号ソロ(2回、西村健)、カスティーヨ 2号ソロ(8回、豊田)、スレッジ1号3ラン(9回、土本)

【戦評】
 横浜がサヨナラ勝ち。4-5の八回にカスティーヨのソロで追いつき、九回二死一、二塁からスレッジが右越え本塁打した。6番手の牛田が3年ぶりの勝利。巨人は一回に集中打で4点を先行したが、継投が決まらず逃げ切れなかった。(サンスポより)



※ベイ先発の吉見投手、この試合の序盤の初回の最初ののっけからすでに巨打線からコテンパンな洗礼を受ける打撃投手状態で、早くも”大炎上化”しましたぁ…(泣”)。
1回が終わる前からすでに見慣れた”負けムード”に…。
初回から大炎上の21吉見投手 初回から大炎上の21吉見投手

そんな情けない吉見投手をわずか1イニング投球で「すぱっっ!!」と見切りを付け、2回以降は細かな継投策に打って出た、この日の”尾花采配”は素晴らしかったですね!
サヨナラ勝利を呼んだのは間違いなく尾花”継投策”の采配が功を奏した結果でした。

先発の吉見投手から引き継いだ、それぞれの投手は(試合の悪い流れと、そして巨の強力打線を前に)懸命に頑張って持ち堪えていました。
ルーキーにして堂々たる投球が冴えた!加賀繁投手 (1)
ルーキーにして堂々たる投球が冴えた!加賀繁投手 (2)
ルーキーにして堂々たる投球が冴えた!加賀繁投手 (3)
ルーキーにして堂々たる投球が冴えた!加賀繁投手 (4)
↑2番手で登場したルーキーの加賀繁投手。中継ぎとしての存在感をとても発揮されていました!
3回2/3 安打2四球2三振2失点1自責0
(”いけるところまでいこうと思った。自信になった!”/加賀投手談)

2番手として好投して魅せてくれた加賀投手のあとを継いだのが…
木塚投手へ早めの継投策へ 木塚投手の横手投げ~☆
木塚投手が登場!

小笠原選手を迎え高宮投手へスイッチ
さらに、左打者対策用の左腕、高宮投手が登場。
ガッツ小笠原選手を相手に見事!!討ち取りましたぁ☆

真田投手へもスイッチ
真田投手も投入!球威あるボールで連続三振を奪う好投を魅せましたが、急にランナーをためるピンチ(満塁!!!)を迎え…

ここで、
勝利を呼んだ好投!牛田投手 好投の牛田投手を励ます!
牛田投手が登板です。
2死満塁!!!打者には小笠原…もう目を覆いたくもなる大ピンチ。
それでも臆すること攻めた!牛田投手。落差のあるフォークで小笠原から空振りの三振を奪い!!この大ピンチを脱出!!!(すごいっっ!!!)

そのピンチの後の8回ウラ…

カスティーヨ選手の同点弾発生(やっと追いついたぁ)!!!
ライトスタンドへ飛んできました♪飛距離ギリギリのまさにハマスタ☆ホームラン♪♪
追撃のムード高めるホームラン撃ち、ファンの声援に応える 今日も魔人ぶり発揮してる(笑)カスティーヨ
そんな”大活躍”(?)なカスティーヨ選手。
今日も守備はダメダメだったし(笑)、、、一番笑ったのが…プレイボール前に守備位置につく選手らは、スタンドのファンへボールを”軽い”感じに投げプレゼントするんだけど、この彼は外野へセカンドの位置から思いっきりぶん投げて、なんと!!!ファン・サービスのはずのボールを誰も取れない”場外”へ投げてたっ!!(爆w)
丁度、そのボールがボクの座っていた席付近上空を”ピュ~ッ”と飛んで抜けて場外へ消えて行った…。(文字にすると何てことはない話なんだけど、実際、その場にいたファンは「笑」だった。)
やりすぎだよぉ~。。。カスティ~ヨっっ!!!



9回表も引き続き牛田投手のまたぎ登板。
四球があったりこれまた冷や冷やのピンチ…。
それでもこの試合のベイは…牛田は…違ったねえ。。全力で抑えてくれたよお♪

その牛田、加賀といった中継ぎ陣の必死の頑張りが、9回ウラに大歓喜♪♪♪として報われましたぁ☆
スレッジ劇的弾~かなスポ
この試合、それまで三振を3打席していたスレッジ選手。
前打者の村田選手の敬遠策(観てる側としては、勝負して欲しかったけどね。。)も納得だけど、でもでも、本当によく打ってくれたよね!!
試合終盤のランナー溜まっている時のスレッジは本当に怖い。
自身、サヨナラ3ラン試合を観るのは初めてかも。感激です☆
スレッジ、ありがとう~!!!!

今季のベイ、不安要素は山盛りだけど、、、「粘り」があるなぁ~。。。
ライトスタンド 打席に村田選手を迎え、さあ声援だっ♪.
3月30日ハマスタ (2) 3月30日ハマスタ (3)




松本選手の盗塁(1) 松本選手の盗塁(2)
↑松本選手の盗塁
巨不動のオガラミ砲
↑巨打線不動のオガラミ砲
今日は途中交代出場の阿部捕手
↑今日は途中交代出場の阿部捕手
代打、長野(ちょうの)選手ハマスタ初見参!
↑代打、長野(ちょうの)選手がハマスタ初見参!
亀井選手の犠飛で松本選手生還!巨リードを拡げる~ 亀井選手の打席(1) 亀井選手の打席(2)
松本、亀井の両選手は目立っていたね。


吉村選手の打席 (1) 吉村選手の打席 (2) チャンスで吉村選手・・・見逃し三振!!.泣
↑吉村選手も調子があがってくると、ベイ打線の迫力はもっと増すはずだし、相手にとっても脅威になる!と思うんですけどね。。

村田選手のあわや本塁打性??の犠牲フライ
↑村田選手のあわや本塁打性??の犠牲フライ

○横浜・スレッジ、勝負強さ発揮のサヨナラ弾

 (セ・リーグ、横浜8x-5巨人、2回戦、1勝1敗、31日、横浜)米大リーグ時代の愛称「スレッジ・ハンマー」にふさわしい豪快な一振りで、本拠地のファンに歓喜を呼び込んだ。横浜のスレッジが九回、内角直球を完ぺきにとらえた。打球は大歓声とともに右翼席へ。村田が敬遠された直後のサヨナラ3ランに「興奮していて言葉が出ない。本当にうれしい」とまくしたてた。
 日本ハム時代の昨年、楽天とのクライマックスシリーズで放った逆転サヨナラ満塁本塁打をほうふつとさせる値千金の一発だった。尾花監督は「彼はここぞというところで勝負強い。何かを起こしてくれると思っていた」と称賛した。
 長打力を期待されて加入した。2年連続最下位のチームを救う責務を十分に感じている。「球団は大きく変わろうとしていて、その役に立ちたい」と新天地でのプレーを決めた。

 一回に4失点しながら、投打が踏ん張って八回に追い付いた。最後は前の打席まで3三振の新戦力が、本拠地初勝利に導く初アーチ。「横浜のファンの前でこういう仕事ができて興奮している」。新生横浜の象徴的な大砲がチームを活気づけた。(サンスポより)

ヒーロー、スレッジ選手と牛田投手(1) ヒーロー、スレッジ選手と牛田投手(2) ヒーロー、スレッジ選手と牛田投手(3)



※2010年度
試合2 勝利1 敗戦1
(失点9 防御率4.50)
この試合の私的MEP賞…スレッジ選手(サヨナラ3ラン!!!)
…牛田成樹投手(勝利を呼び込む好投リリーフ)
…加賀繁投手(先発崩れからの2番手登板ながらも見事な存在感)


【おまけ】
新生ディアーナのお姉さんたち♪ (1)
新生ディアーナのお姉さんたち♪ (2)
ホッシー☆
YYパークではディアーナのお姉さんたちが軽やかに踊っていらっしゃいましたっっ☆

スポンサーサイト
来ましたね☆
把瑠都関、新大関昇進へ!!
注目の口上では『けいこに精進し、栄誉ある地位を汚さぬよう努力いたします。
と語っていました。

把瑠都関、新大関昇進へ!!
把瑠都関、新大関昇進へ!!
↑”力強い自分の相撲を皆さんに見せたい。素晴らしい大関になりたい
と抱負も語っていました!



新「大関」把瑠都の誕生です。

個人的にもファンでしたぁ♪
(彼のインタビューは好きなんですよお=)

大関へあがっても日々精進して、自身のため、部屋のため、相撲界のため、ファンのために…
大相撲を取り組んで欲しいですね!!

この大阪場所全体の取り組みのように”前へ・・・前への寄せ”を積極的に魅せてくれれば、成績ももっと付いてくるのでは??と思ってしまうのですが―。
あの体格とあのパワーですからねえ。。他の誰にもない大きな強味がありますものね!

新大関ッ☆ガンバレ~!!

○大関把瑠都が誕生=エストニアから初

 日本相撲協会は31日、大阪府立体育会館で夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議と理事会を開き、関脇把瑠都(25)=本名カイド・ホーベルソン、エストニア出身、尾上部屋=の大関昇進を正式に決めた。
 新大関誕生は2008年九州場所後の日馬富士以来で、外国出身では8人目、エストニア出身では初めて。伝達式に臨んだ把瑠都は「栄誉ある地位を汚さぬよう努力いたします」などと口上を述べ、一層の精進を誓った。
 把瑠都は先の春場所で4大関を倒して14勝1敗の好成績を収め、最近3場所合計35勝として大関の力があると評価された。身長198センチ、188キロの体格とパワーに加えて安定感が増し、近い将来の横綱昇進も期待されている。

把瑠都略歴
 本名カイド・ホーベルソン、エストニア出身。尾上親方(元小結浜ノ嶋)の内弟子として04年夏場所、三保ケ関部屋から19歳で初土俵。05年秋場所新十両、06年夏場所新入幕。同年名古屋場所後、尾上親方の独立に伴い尾上部屋に移籍。08年秋場所新三役。三賞は殊勲1回、敢闘5回、技能1回。25歳。198センチ、188キロ。得意は右四つ、寄り。(時事通信より)




ハマスタ開幕デーです☆
プレイボール!!!

横浜ベイスターズ3-4読売ジャイアンツ

2010/03/30(火)横 浜-巨 人 1回戦 (巨人1勝、横浜、18:00、21382人)
巨 人 0 0 0 1 0 0 0 2 1  4
横 浜 0 0 0 0 0 0 3 0 0  3


【投手】
(巨)藤井、越智、クルーン-阿部
(横)清水、山口-橋本

【責任投手】
(勝)越智2試合1勝
(S)クルーン2試合2S
(敗)山口3試合1敗1S

【本塁打】
(巨)阿部1号ソロ(4回、清水)
(横)カスティーヨ1号3ラン(7回、藤井)

【戦評】
 巨人が競り合いを制した。3-3の九回一死満塁から、坂本の左犠飛で勝ち越し。その裏をクルーンが締めた。横浜は0-1の七回にカスティーヨの3ランで逆転したが、八回に好投の清水が追い付かれ、九回には山口が失点した。(サンスポより)


監督・コーチ・選手整列 花束贈呈(2)原監督の鋭い眼光!?

※昨季の雨降る最終戦から早っ!?5ヶ月???横浜ベイスターズが地元横浜スタジアムへと帰ってきましたぁ☆
球団社長から監督や他関係者もとにかく新しい陣容になりました。
球団体制として、またチームとして”新生”という言葉が相応しいチームへと変わりつつあります。

そんな発展途上ながらも新生尾花ベイスターズの地元開催日。(個人的にも超楽しみ♪♪にしておりました。)
(やっぱり!!!)横浜(市内?近郊??)の多くの(?)野球ファン、ベイファンの期待も大きいのでしょう♪
ベイを応援する外野ライト~内野1塁側は試合前からほぼ満員状態!(3塁側の巨を応援するファンは意外?と少なかったですね。。)
横浜ベイスターズ2010年(地元)開幕ゲーム
風も冷たく、気温も冷えてましたが、外野席からの応援する熱気は(内野に居た自分にも)十分に伝わってきました!きっと選手らにも届いたでしょう!!!
選手ら皆も気迫、気合の入りがハンパなかったかも…です。(逆に???”カラ回り”の選手もいたかも~特に”4番”の人…笑)
気合入れのイレ込み過ぎでした。落ち着てくださぃ。。。 あのブラックホッシーも帰ってきたよお☆6年ぶり!?だとか…


試合はベイ清水直と巨の藤井という両移籍してきた投手対決。
乱打戦を予想してましたが、全然っ!!!素晴らしい~♪投手戦。(とても良い緊張感でした。)
清水直投手は気持ち入っている真っ直ぐ(141~144キロ)と変化球の組み合わせで、巨の猛打打線を封じています!(ホント!素晴らしい~♪)
ラミちゃん 坂本選手 ヨシノブ選手

先制は阿部選手の特大アーチ!!!センター奥上の看板(その向こうは場外…)に当たるドでかい一発。(自分はトレイ行っている間の出来事で見事に見逃し~)
ベイ打線も出塁はするものの、犠打や進塁打がまともに出来ない状態…(今日は2番石川、3番金城選手の二人で流れが止まってしまった印象でした。)

今季のベイ打線は何気に???そのまま”しょぼ~ん”と気持ち沈まないのがイイ!
どこかで繋がるかな~?と期待していましたが…
それが7回ウラに来ましたッ☆(まさに!ラッキー☆セブン!!)
スレッジ選手の安打、続く吉村選手の粘っての四球(この四球がとにかく大きかったネ♪)で出塁しランナーを二人置いた場面―。
カスティーヨ選手の”魔人”ぶりが発揮された!!!ライナー性の当たりがレフトスタンドへすっ飛んで行ったよお。
逆転3ランだよ=
カスティーヨ選手の本塁打に沸くスタンド カスティーヨ選手のバットが火を吹いたッ!
超~☆盛り上がったねえ~。。
…一気に行きたかったけど、、、このホームランで止まっちゃうのが今のベイ打線だね…。

それでも逆転したのだから…と思ったのが大間違い!!!でした(笑)。
取った後の8回表にあっさりと同点にされ―。
この同点にした?された?流れが9回にも続いてあったみたい…。

山口俊投手登板! 野村弘樹投コーチ登場と山口を励ますナイン!
9回表先頭から登板したのは抑えの山口俊投手。
尾花采配イイねぇ~♪(昨季までの監督だったら…中継ぎ陣の登板だったね。。)
スグに抑え投手を登板させるのだから、チームを(勝たせるんだっ!の)鼓舞するためにも良かったと思う。
坂本選手の犠牲飛で代走の鈴木尚選手が殊勲のホームイン…
結果、打たれ殊勲(犠牲フライ)失点を献上してしまった山口投手だけど、調子や気持ち自体はまずまずと観えました。
立派なクローザーへと成長中!?山口俊投手…
抑え役としてまだまだな部分が多々あるだろうけど、投げて、投げて…とにかく投げて、抑えて結果を出して、チームは元よりファンからも信頼感を得るようになれば~いずれなってくれると思うけどなぁぁ。。


今日は”2番打者”としては不適格でした…石川選手 今日2安打で盛り上げてくれた内川選手…しかし最後は得点チャンスで遊ゴロの試合終了~
…やっぱり送る(犠打)所は確実に!!だね。
まだまだなのが気になるなぁぁ~。。。
2番石川選手の犠打機会において、2打席連続の失敗が今日の敗因かな~。(打線の流れが止まっちゃうよ!)

今日みたいな試合は本当は”勝ちゲーム”だよね。
こういう所で勝てないのが、今のベイスターズなんだけど…

気持ちを切り替えてまた明日だね!!
楽しい♪♪野球観戦でしたぁ

○前を向く横浜・尾花監督「いいものは出た」

 (セ・リーグ、横浜3-4巨人、1回戦、巨人1勝、30日、横浜)古巣の巨人に競り負けた横浜の尾花監督は「粘り強く戦ったし、いいものは出た」と前を向いた。七回にカスティーヨの3ランで逆転し、1点を追った九回には2死一、三塁と迫ったが、一歩及ばなかった。

 送りバント失敗が響き、得点は一発だけ。先発の清水は逆転直後の八回につかまり、九回に山口が勝ち越しを許すなど、歯車もかみ合わない。今季の3敗はすべて逆転負け。監督は「技術的なことやいろんな要素がある。急にうまくいくとは思ってない」と冷静に受け止めていた。(サンスポより)


勝利のハイタッチの巨ナインでした… 今季からスコアボードにある「BSO」は改修された新表示に



※2010年度
試合1 勝利0 敗戦1
(防御率4.00)
この試合の私的MEP賞…先発で堂々の8回(無四球・3失点)まで好投した清水直投手
先発、清水直投手
移籍後の初登板・初先発からくる緊張感でしょうか?
マウンドからの気迫がものすごく伝わってきました!
ナイスP!!!でしたぁ。


【おまけ】

内川選手の気迫あるヘッスラ敢行!!!

もうセもパも開幕しちゃっているケド・・・笑

(一応)毎年恒例ですし、勝手な気ままな”順位予想ってやつを残しておこうかなと。。

【パ・リーグ】

1位・・・埼玉西武ライオンズ
2位・・・福岡ソフトバンクホークス
3位・・・オリックス・バファローズ
4位・・・北海道日本ハムファイターズ
5位・・・千葉ロッテマリーンズ
6位・・・東北楽天ゴールデンイーグルス


※パは4強-2弱(?)の様相なんじゃないかなぁ~と思っています。
でも6球団お団子状態でシーズン進むのかな。
投手力&守備力のバランス良さを注目で観ちゃうけど、総合的な(完全じゃなく不安もあるだろうけど…)バランスの良さ?勝負所での底力のありそうなライオンズさんを推してみました!
あとは追随という意味で、ホークスさん(でもホークスさんの方がライオンズさんよりもバランスは良いんだけどねえ。。、)オリの牛さんがCS圏内で生き残れるんじゃないか???と…。
ハムさんは昨季みたく”強力な打線”が投手力の弱さをカバーしてくれれば…だし!
千葉のマリーンズさんは先発ローテ、中継ぎ~後ろがちょっと寂しいよね。。打線は期待出来る!!けど~。
金のイーグルスさんは・・・やっぱり”監督采配”!!!これに尽きるよね。なんで?広島で大した結果の出なかった監督を招聘されたのか…よくわかんな~い(笑)。先発3フレッチェ(岩隈・田中将・永井)は健在みたいだし、”勢い”に乗れば~でしょうか(?)。
今季のパも正直、どこがどうなるか???見当も付きません!!要は”実力伯仲”なのでしょうね☆
お団子パ・リーグを楽しみたいっ!!ですね。



【セ・リーグ】

1位・・・中日ドラゴンズ
2位・・・読売ジャイアンツ
3位・・・東京ヤクルトスワローズ
4位・・・阪神タイガース
5位・・・横浜ベイスターズ
6位・・・広島東洋カープ

※セは2強4弱状態ですね!!落合竜さんと原巨さんの一騎打ち状態なのかなぁ~???と予想してまっす☆
その2強に4弱チームたちがどこまで肉迫するのか!?で今季のセ・リーグのペナントのお楽しみ♪方が変わってくるのかなぁぁ。。。です。
1位はやっぱり落合竜さんでしょ!!??
何せ投手力は12球団でも屈指の上位チームだもん。打線も昨季同様に厚みはあるし。春先さえ(大きく負け越さない!)五分程度で進められれば…夏以降、突っ走っちゃう!?じゃないのかな~。
原巨さん、選手層は間違いなく12球団いちですね!!
主力の誰かが抜けても、スグに代わりの誰かが出てきちゃうね(恐ろしいよお~。。。)。弱点は投手陣!!!隙だらけじゃないの?そもそも先発看板投手に(気まぐれな)外国人投手に頼っている自体で、不安や心配だよね!2位にしたけど、下4チームの躍進があればCSだって危ないかも!v4は無い!とみてます。
ツバメさんは投打のバランスがいいですよね!!何より青木選手!彼の存在感がとにかくイイ♪♪
先発ローテの館山(ちょい開幕出遅れだけど~)と石川カツオくん、3年目の(佐藤)由規、(高田監督の秘蔵っ子?)村中投手…う~ん先発陣名前が出てくるもんなぁ。。後ろもイム投手筆頭に駒は揃っているよね!あとは勝負所で負け癖?みたいのが出なければ…もっと上位も狙えるんじゃないのかな?怖いのは各自の故障離脱かも~
CSは竜・巨・燕…が妥当かなぁ~…。
真弓虎さんは投打でバランスが良くない印象です!赤星氏の抜けた穴はしばらく埋められないよね!ここ数年のチーム躍進の支えた打線の切り込みが抜けたのだから…打線そのものも変わっているし、それこそパワー打線なんて”水モノ”なんだから、当たればスゴイが、そうでなければジメジメ~になりやすい??かもね。城島捕手の存在感は確かにスゴイッ!!!でも…~ダネ。
尾花ベイはもちろん!!ファンある以上”3位圏内”(笑)は入って欲しいし、それだけの選手層もでてきたかなぁ~だけど…。やっぱり基本は昨季までの落ちこぼれ軍団とさほど変わっていない様相なんだよね。。チームに勢いが付けば…ガンガン行けるだろうし、ダメになると一気に萎(しぼ)んじゃうのかも!そういう意味ではバランスが悪いよね。
(大型な)連勝もあるけど連敗もある!・・・みたいな。でもでも昨季以上の期待感は持てますよ!!!
今季のがんばりがまた来季へと繋がるよお!!がんばれベイスターズ☆
ってことで~(笑)。
野村鯉さんは…厳しいんじゃないかな???もう何年もAクラスへ届いていないよね!?何とかなって欲しいけど…欲しいけど…けど…なんだよね!?
このチームって短気決戦向き???なのか。個性ある選手、若い選手、ベテラン選手…魅力があって個人的にも観たい選手が沢山!なんだけどぉ・・・なんだけどぉ・・・だけど…なんだよね~笑
広島さんを観ると、、、やっぱりプロ野球は資金力!?なのかな~て感じますよ。
野村”走れ!走れ!!野球”に期待してまっす。
尾花ベイとともにセの”台風の目”になって、どんどん暴れて欲しい!!じゃないとセ・リーグ自体がつまらなくなるんだよね。。
また同じくで今季のがんばりが来季へと繋がる!と思うし―。


※勝手気ままに書いてるだけなので、それぞれのファンの方は気にしないでね☆

~おしまい。


2010スポニチ プロ野球選手名鑑
↑今年も買いました!
”2010スポニチ プロ野球選手名鑑~徹底ガイド”。
これって結構便利なんですよね♪♪
小さいわりに、詳しい選手名鑑なんですよ!
1985年から毎年(残念なことに抜けたシーズンも2,3あるんですが~)買うようにしているので、もはやオープン戦開催辺りからの恒例行事化しています(笑)。

各野球場にも売ってると思うので、気になる方はチェック☆ですよぉ。

※さぁ、尾花ベイ丸出航ーッ!!!

公式戦 2010/03/28(日)
阪 神-横 浜 3回戦 (阪神2勝1敗、京セラD大阪、14:00、33350人)
阪神タイガース2-3横浜ベイスターズ

【戦評】
 横浜が継投で逃げ切り、今季初白星を挙げた。藤江は六回途中まで3安打1失点でプロ初勝利。打線は三回にスレッジの中前打などで2点を先制し、七回に1点を加えた。阪神は打線がつながらず、本塁打だけの2得点に終わった。



○ベイ・尾花監督「どんな勝ちでもうれしい」

 (セ・リーグ、阪神2-2横浜、3回戦、阪神2勝1敗、28日、京セラD大阪)ウイニングボールはスタンドに投げ入れた。開幕から2戦連続逆転負けの後、初勝利を手にした横浜の尾花監督は「投手コーチの時は投手が抑えて勝つとうれしかったが、監督は勝つとどんな形でもうれしい。長かった」と感慨に浸った。

 先発の藤江が六回途中まで3安打1失点で、抜てきに応えた。腕を振って力のある球を投げ、野茂英雄氏から助言を受けたフォークボールも要所で決まった。プロ初勝利を挙げた24歳は「与えられたチャンスをものにできた。監督が日ごろから言っている攻める気持ちを出せた」と声を弾ませた。
 六回1死二塁、藤江の打席では代打を送らず、あえて続投させた。直後のピンチで降板させたが、尾花監督は「頑張らせないと藤江は成長しない。チームを成長させながら、進んでいかないと」と投手再建への方策を明かした。

 監督が唱える「分析野球」は打順変更で効力を発揮した。下柳対策で3番に起用した金城が2安打、8番から6番に上げた吉村が犠飛で得点に絡み、杉村打撃コーチは「うまくはまった」。継投も決まった1点差の逃げ切りは、新指揮官の意向が凝縮した1勝目になった。(サンスポより)



※2年目の藤江投手の力投が、今季チーム初勝利!&藤江自身プロ初勝利!!!をもたらしましたぁ~☆
(いやぁ~・・・ナイスP!!!!)
”牛田ー山口”の後ろ2人もよく頑張ってくれました♪

特に山口俊投手は…昨季のプロ初登板・初先発(しかも途中まで巨相手に好投…)藤江投手の救援に失敗しているだけに!年をまたぎながらもやはり想うところはあったみたいですね☆
今季の山口投手はプレッシャーにもだいぶ”抵抗力”が付いてきたのかな???
昨季の経験はきっと無駄じゃ~なかった(ハズだよね!)。。

8回は今のところ(数年前の元気な頃の)球威が戻ってきた牛田投手が好継投してくれているから、かなり(牛田・山口コンビは)イイ感じじゃないのかなぁ♪♪→後ろが安定すれば投手陣の目標も定めやすいもんね。より勝利が計算出来るようになる!!

先発タイプが何とか、、、何とか、、、何としてでも、6回まで試合を作ってくれさえすれば~
アナライジング尾花の華やかな(???)逃げ切り継投策が観れる!?かもね~笑

いやぁ~。。。良かった×2
目標は2勝1敗みたいだったけど、とにかくこの虎さん相手の開幕節で、『1つ』勝てたのは決して(今後のためにも!)小さくはないよね。
対(左腕)下柳投手用???への打線変更で見えた、監督の采配での柔軟さ(!?)も良かったよお♪
己の自分トコの選手の良さや個性を理解した上で(相手の戦術とも対応させての~)打順の編成を組む!!…決まり出せば、相手チームも嫌がるだろうね。(→とにかく!相手が嫌がる事を積極的することだよね~今のベイにはそれが大事ですよお)
投打走守で嫌なイメージを植え付けさせる事が出来れば…相手だって勝手にズッコケてくれるんだから~。
ベイスターズ2010年シーズン初勝利!
ベイスターズ2010年シーズン初勝利!


次節はいよいよ地元ハマスタ開幕での(セ界覇者の)巨3連戦でっす☆
チケはすでに前売りにて手配してあるので、3・29(火)と3・30(水)の両日ともに”ベイスターズの勝利”(チーム3連勝☆☆☆になるねッ笑)を見届けて来まっす!!

ベイも巨も投手はイマイチながらも打線はそこそこみたいだね!
場所は12球団一の狭さを誇るハマスタだよお(汗”)。。
”激乱打・猛打戦”必至は、、、予想できるかもね~♪

・ミス、ミス、ミス・・・

セントラル・リーグ(開幕)公式戦 2010/03/26(金)
阪 神-横 浜 1回戦 (阪神1勝、京セラD大阪、18:03、33599人)
阪神タイガース7-3横浜ベイスターズ

【戦評】
 阪神は3点を追う四回に桜井の2ランを含む4安打で一挙5点を奪い、逆転した。七回にも城島の適時二塁打で2点を加えた。先発の安藤は五回まで3失点。六回からは細かい継投で逃げ切った。横浜は五回から打線が沈黙した。(サンスポより)



※開幕しました!
帰ってきて速攻でNHK-BSへ準備万端ッ~♪
あのプロ野球の何とも言えない雰囲気が。。。やってキタ~~~ッ♪笑

(18時ちょうどのBSニュースがあったために~)18時5分からの放送。。。
早川選手が犠打バントの構え…(むむっ??)・・・・・成功ぉ~♪

内川選手・・・・・☆ッ!イイ当たりぃ~ッ!!(でも野手正面、しかもランナー飛び出しのゲッツー完成!!!・・・次に繋がるよ!と想いつつ~ため息…。)

2回オモテ
この回の先頭・・・・・村田選手登場~♪
 ☆☆☆デタッ!!!☆☆☆ 開幕デーいきなりの初安打がホームランッッ!!!!(スッゴーイ☆やるジャン!!)
景気付けにはかなりイイ~♪本塁打だったね。。

ただ、オープン戦時もそうだったけれど”本塁打”が出ても、必ずしも相手ダメージは少ない印象なんだよね。
次の打者あたりが、四球でも何でも選んで、出塁出来ると、、、また変わった攻撃やそれによっての相手ダメージにも影響があると思うんだけどなぁ。。。
ということで、下位打線へとなるスレッジ、カスティーヨ、橋本、吉村選手…がんばれッ!!


今日の阪神先発は安藤投手。
決してどのボールでも自信を持って投げている印象はしなかったです。逆に心配そう???
そんなマウンドでの安藤投手を城島捕手が目と口、大きな動作でしっかりコミュニケーションを取って引っ張て(リードして)いたのが、よく!分かりました。
ベイの橋本捕手もそれなりに先発、ランドルフ投手と会話?してそうなんだけど・・・どうも安藤ー城島と比べると…う~ん???な思い。
何度かランドルフ投手はピンチ(ランナーを背負う)なんですが、ベンチから野村コーチが足を運ぶ様子はないし(1度?はあったかな)、巨の試合を観ると、ピンチ直後には必ず三塁手の小笠原選手がマウンドへ行くよね!
ベイは・・・う~ん、、、う~ん、、、。

4回オモテのベイの攻撃はまずまず良かったですね。
攻撃での中心の村田選手が、グイグイと打線を引っ張って”存在感”をかなり出してますね!!(今の村田選手はキケンだと思いますよ!!他球団さま~)
そんな村田選手を挟んでのその4回でもっと追加したかった!!ここで安藤投手を引きずり降ろせば・・・今日は勝てた!!!(と思う。少なくとも投手継投において主導権を握れた…。)

・・・で、取ったあとの(4回)ウラですよ―。
やっぱり???ランドルフ投手のリズムに変調???なのかな。

新井選手の大飛球(記録は天井ウラに入る超!二塁打)はハマスタ、あるいは甲子園なら余裕でホームランでしょ!?二塁打だからまだ運もあったわけで…

…きちゃったよお。。。ジョーが。
・・・城島選手も豪快な打棒で二塁打炸裂!!!(でも、ここまでもある意味”想定内”じゃなかったのかな・・・?)
一番最悪が・・・・8番起用の桜井コーダイ選手の一撃!
彼に打たれたホームラン☆・・・あれが一番堪えました・・・・泣。

ここまでのピンチに周りの選手、ベンチからは誰が声掛けへ行ったのかな~???
ランドルフ投手がスパイク直しで、一度靴ひもを直していたけど、、、その時にちょこっと二塁手、カスティーヨ選手と会話??した???

そんなカスティーヨ選手、、、今日は(も)酷いねえ~(苦笑)
予想はしていたけど、、、ゲッツー狙いでその通りに打ち取ったのにぃぃ!!!!!
ポロリしちゃっているし・・・怒。
彼の守備上達まで待てるのか?その分、打棒に期待するのか??悩みどころですね。

安藤投手はとにかくラッキー☆だったよネ。。。
今日のような安藤投手を早々に崩せないようだと、今季も苦しいゾ!!

尾花守備野球への実現までは、、、まだまだ遠いようで…。
イコール、勝利も遠いのかなぁ~???

あ~あ、今季もかぁ~???・・・ってなる前に建て直しダネ!
20100327サクラ
↑近所の”サクラ”です。まだ2~3分咲き程度ですが…
春ですねえ~♪


さ~て、、、???
今秋、どこの球団が勝利とともに、大きな歓喜に包まれているのでしょうかね~

○セ・リーグ26日開幕=3球場で入念に調整

 プロ野球はパ・リーグに続き、26日にセ・リーグが開幕。セの各チームは25日、それぞれの球場で、入念に前日練習を行った。
 4連覇を狙う巨人は東京ドームで軽めに調整。原監督は「チームの目標は明確なものがある」と2年連続日本一に意欲を示した。先発投手は巨人が内海、ヤクルトは石川の両左腕が有力。
 4年ぶりの優勝を目指す中日は、野村新監督率いる広島とナゴヤドームで対戦。落合監督は「できれば144試合勝ちたい」と今年に懸ける思いを語った。
 阪神と尾花新監督の横浜は京セラドームで顔を合わせる。米大リーグから5年ぶり復帰の城島(阪神)は「開幕はいつやっても特別なもの」と緊張感を漂わせた。(時事通信より)


原監督 落合監督 高田監督
真弓監督 野村謙監督 尾花監督


昨年行われたベイスターズ・フェスタより…2010年は勝つゾォ~☆
尾花監督…
『いよいよ始まるな、という気持ち。強いチームには、ただの1試合だと思うが、横浜には大事な試合。ベイスターズのよさを出せるようにしていきたい。』



いよいよ開幕☆新生ベイスターズ
↑さすがっ!の”神奈川新聞社”ですねえ(笑)全国の報道紙で、こんなに大々的にベイを応援するのは、ここだけですよ!!(”改革元年[がんばれベイスターズ]発進”)

いよいよ開幕☆新生ベイスターズ
↑(表・裏の両一面使っての)いつになく!?ベイを応援されてますねえ~☆

いよいよ開幕☆新生ベイスターズ
↑”トップ目指し”では尾花監督と加地球団社長の対談―。

いよいよ開幕☆新生ベイスターズ
↑”市民と一体感”では、林(横浜)市長も登場―。

いよいよ開幕☆新生ベイスターズ
↑いつものスポーツ欄”かなスポ”では、”新生浮上あるのみ”。


ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。