経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クライマックスシリーズ 2009/10/18(日) (セ)第2戦
中日ドラゴンズ3-2東京ヤクルトスワローズ

【戦評】
 中日は2-2の七回二死三塁、荒木が館山から中前打を放ち、勝ち越した。先発の吉見は二回に本塁打を許し2点を失ったが、そのほかは走者を背負いながらも丁寧に低めに集め、8回7安打2失点で勝利を引き寄せた。九回一死からは岩瀬が締めくくった。
 ヤクルトは館山が粘りの投球を披露したが、三回以降は打線の援護もなく、力尽きた。(サンスポより)



※吉見・館山の両投手の”粘投”が印象深かったです!
やっぱり(?)の前日”6番”の谷繁捕手の打順が元に戻されてましたね。
逆にまた今日のベテラン井上選手の起用は・・・何を期待されていたのか・・・?でしたが~。”進塁打”を望むべき機会でもその期待にも応えられてなかった印象が・・・。(若手選手を積極的に起用しない落合監督が妙に感じました。)

逆にヤクルトは川本捕手の同点2ランも思い切りの良さが感じられて良かったですし、劣勢からのチームの”勢い”も呼び込むかと思いましたが、、、
吉見・谷繁の中日バッテリーとさらに(!!)遊撃の井端選手の再三の好守備の前に高田ヤクルトも大きな好機に恵まれずジッと我慢でしたね。(この決戦、”先行しない限り、ヤクルトが優位になることはないのかな~?と思いつつ・・・)

館山投手(個人的には大好きな投手だったり・・・デス^^)もまずまずの安定感。球威や変化球のキレでズバ抜けての良かった印象は薄かったのですが、それでも持ち前の安定感で要所は締めてましたね☆

殊勲打の荒木選手の打席時は、その荒木選手の”奮起”よりもホーム球場で出来る”アドバンテージ”なのか?、場の空気が異様に盛り上ってあった感じでした・・・。
館山投手のここまでの投球の疲労感もあったみたいですし、ピンチを凌ぐ気持ち面の制御さと、絶好のチャンスに応えようと気持ち燃えてる打席の荒木選手では、ファンの声援も後押し(?)する格好で、結果、荒木選手に軍配が上がったのかなぁ~。。
(その荒木選手はそれまで館山投手から今季”0安打”・・・この殊勲打席では、調子の良い藤井選手からバットを借りて打席に入っていた!!とか・・。”打てない”という事に本人はやっぱり気にするもんなんですね~?!)



ヤクルトはチーム内でインフルエンザも蔓延!?されてるとか・・・。
ユウキ、高木啓充の両投手と野口祥順内野手の3選手がA型インフルエンザの検査を受けて陽性と判明されたそうで・・・
高田監督もこの18日を必勝で望んだものの、負けてしまって第3戦となってしまうことに心配されてる様でしたね―。
故障者続出はある意味ハンデとなりますし・・・。

第3戦、、、これで”落合竜”側が優位・優勢になったのか・・・(?)

ナゴヤでの”白い天井”球場へ進出を懸けての最終決戦、、、どうなるのか???



スポンサーサイト

コメント

KOJI :

吉見、館山と最多勝投手同士の投げ合い。非常に見応えがあったと思います。

伝えられているとおりチームにインフルエンザによる離脱者が出てより一層、苦しい立場に追い込まれた。それだけに館山投手で何としても連勝し、第2ステージに向かいたかったですが…。

しかし、由規投手がやってくれる筈と信じてます。
今日は相川捕手のスタメンですし、しっかり見届けてくださいね。

sihuku :

KOJIさま こんにちわ!

>吉見、館山と最多勝投手同士の投げ合い。非常に見応えがあったと思います。

両者、素晴らしかったですよね~♪これぞ今季のリーグを代表する投手の投げ合い!!でしたぁ~

>チームにインフルエンザによる離脱者が出てより一層、苦しい立場に追い込まれた。

こういうグラウンド外での不確定要素は心配・不安ですよね。
どうやら巨の選手も感染された?とか・・・
どうにかお互いのチームが100パーセントの全力を出せる様に・・・と言ってもこればっかりは・・・対応・対策を万全にとにかく”インフルエンザ”に落ち着いてもらいたいところ・・・^^;
ヤクルトの選手は一日も早い回復を。。。ですね~

>由規投手がやってくれる筈と信じてます。

由規投手も急遽登板ながらも頑張ってましたね!
結果的には残念でしたが、、、伝わるものがありました☆

相川捕手も必死だったなぁ。。。失点したときの悔しがっていた表情が特に印象的でした!
(19日の試合では)盗塁刺もやってチームに貢献されてましたね。

コメントありがとうございます。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

中日逆王手で対戦五分 ヤクルト思わぬインフルエンザ禍で窮地に

中日とのCSシリーズ第1ステージ初戦。デントナの2ランHRで3ー2で逆転勝ちを収めたヤクルト。 いざ2戦目へと矛先を向けたいチームに試合前、第3戦先発予定だった高木とユウキ投手、さらに野口内野手のA型インフルエンザ感染が判明。絶体絶命のピンチのなかでこの2戦目を迎...

セ・リーグCS第1S 中日 vs ヤクルト 第2回戦

プロ野球のクライマックスシリーズは18日、セ・リーグの第1ステージ(3試合制)第2戦がナゴヤドームで行われ、レギュラーシーズン2位の中日が同3位のヤクルトに3-2で競り勝ち、1勝1敗のタイとして決着を第3戦に持ち込んだ。 中日 vs ヤクルト 第2回戦 (中日 1勝 1敗 0...
ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。