経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クライマックスシリーズ 2009/10/19(月) (セ)第3戦
中日ドラゴンズ7-4東京ヤクルトスワローズ

【戦評】
 中日は毎回の14残塁ともどかしい攻撃だったが、0-1の三回に和田が2ランを放って逆転し、五回には代打立浪の適時二塁打などで3点を挙げた。2点差とされた直後の八回は代打平田の適時三塁打などで突き放した。先発の中田は5回1失点。六回からは小刻みな継投でかわした。ヤクルトは好機での本塁憤死や満塁での併殺などで流れに乗れなかった。(サンスポより)



※9イニング終わるまでに約240分!!!(4時間)は長かったですね~(観ててヘトヘトになりました。。)
しっかし”クライマックス”の見応え充分な内容と展開でした☆
とにかく選手の”必死さ”が伝わってきました!!(まだCSの第1シリーズだよ。。。なのにこの熱さ!!^^;)

緊張感も緊迫感もドキドキ・ハラハラ感も、、、、とても楽しめましたね♪

”何が起こるのか・・・・先、読めず―・・・。”

中日は5回ウラにやっと(!?)”らしい”猛打炸裂されてました。ヤクの2番手、松井投手が誤算と言ってしまえばその通りなんでしょうけども、球威・制球で撃ちごろの所をまんまと撃って、得点としてカタチにちゃんと残せたのも中日のチーム力。

ヤクルトもちゃんと(!?)絶好の反撃チャンスはあった。
特にシーズンでは磐石リレー(のはず!!)での試合終盤、浅尾投手登板の8回オモテ。

登板直後の数球では150km/hを表示する球威でグイグイ押して、今日も磐石なのかな??と思いつつ、決めないしカウントを有利にするはずの変化球の制球が不安定・・・。
福地選手の初安打(遅い!っつーの^^;)に田中浩選手とで連打、青木、デントナの4,5番も連打☆
続くガイエル選手時ではもうマウンドの浅尾投手は制御不能状態!???(顔色が悪い!!)で、結果も完全なる与四球で満塁・・・・(アヒャ~・・・)。

塁が埋まっての得点、同点、(逆転も)ムードが再熱ッ~♪ヤクルトにとっては絶好のビッグ☆チャンス到来―。

なっ!なのに、、、なのにぃ~~!!!

代打、志田選手の当たりはショート井端選手へのイージー・併殺打~。。(・・・・おわた)
浅尾投手も”アップ・アップ”だったけれど、打席の志田選手も同じ?あるいは緊張感だとその浅尾投手以上にプレッシャーを変に抱えてたのでしょうか?!

ここで大きな差が出たのかな?!シーズンを2位となるチームと3位となるチームとの差が・・・。
(こういう場面で、相手を上から目線でプレッシャーを懸けれる選手がヤクルトには少ない・・・か??)


この試合、中日は和田、谷繁、立浪、井上らのベテラン勢にその人たちを追随する若い藤井、野本(好返球が素晴らしかった!!!)、平田といったこれからの中日を支える選手らの活躍を見せられると、やっぱりヤクルトと比べ”ぶ厚い”差を感じました。

若い選手と言えば、、、ヤクルトの鬼崎裕司選手が(個人的に注目の)来季は楽しみな選手のひとりになりましたぁ!


何とか最後まで死力を尽くして戦っていた高田ヤクルト、
それを個々の強靭さと選手層の厚みを駆使したチーム力でねじ伏せた落合竜。

3試合とも見事で醍醐味は充分にありました☆



~談話

□内容は問わない
 中日・落合監督 このシリーズは、試合内容は問わない。勝つか負けるか、その一点。勝って次に進む、ただそれだけ。(第2ステージのことは)あしたゆっくりと練習して、それから。

□よく頑張った
 ヤクルト・高田監督 クライマックスシリーズに出るだけでも大変なのに、選手がよく頑張った。3試合とも全力を出し切ってくれたと思う。それだけに、これで今シーズンが終わるのが残念。

”厳しい言い方をすれば、まだまだ。中日と力の差を感じた。もっとレベルアップしないと・・・。”(宮本選手/ヤクルト)

”何とかいい形でつなげてよかった。実は今年、ヤクルトから1本も安打を打ってなかったから、何とか打ちたかった。次の巨人戦でも、今年はやられているから何とかしたい!”(立浪選手/中日)
(時事通信)



・・・どうやら巨(某コーチ談)は燕を相手に?したかったみたいですね~??(苦笑)。

シーズン終了直後の落合監督の”見くびるなッ!(だったでしょうか?^^)発言が活きてきますね☆
またしても!!の”巨ー竜”対決、楽しみですよ。。


スポンサーサイト

コメント

七色奇譚@管理人 :

shihuku様 こんばんは

やー、長かったですね。
ヤクルトさん先制も、中盤の代打・立浪で盛り上がり
そのまま一気に決まってしまうのか?と思いました。
しかし、ヤクルトさんもしっかりと粘ってらしさを見せて
くれましたよねー。見ていてしんどくなるぐらい、ドキドキ
しちゃいました。

ヤクルトさんはインフルエンザで戦力ダウンしてしまった
のは本当に痛かったですネ。
故障中のアイカーは志願してのマスク。頑張ってた。
盗塁も刺したよ。脇腹に響いただろうな。

立浪選手の一振りやシゲの守りに脱帽です。

面白い、楽しめた一戦でした。

KOJI :

ヤクルトもホントに苦しい状況のなかで精一杯の戦いを見せてくれたことには少しばかりの悔しさは感じつつも良くやってくれたという満足感の方が今は大きいです。

もちろん8回の満塁機。
ここ一番で局面を打開できる選手が居ないことがヤクルトの弱さと言ってしまえばですし、中日がこの試合では立浪、井上といったベテランに加え、平田、野本等若手がしっかり貢献できる辺り、選手層の差は非常に感じました。

ただ高田監督就任から2年で少しずつチームは進化しつつありますし、また若い選手がこうして大舞台を経験できたことは大きな財産となりました。

選手たちにはまず激闘の疲れを癒してまた来年こそはさらなる上を目指して欲しいと思ってます。

ご声援ありがとうございました。m(__)m

sihuku :

七色奇譚@管理人さま こんばんわ!

>ヤクルトさんもしっかりと粘ってらしさを見せて くれましたよねー。

戦力さではどうしても差を感じてましたが、死力を尽くす姿勢がとにかく感じられましたね!どこかの某青い色した球団にも教えてあげたい!ですよね(大爆w)

>ヤクルトさんはインフルエンザで戦力ダウンしてしまった
のは~

読めない不幸でしたよね。。
他のチームでも流行っている様ですし、一般社会でも・・・
気を付けたいものですね!(マスクしてないけど・・・汗")

>故障中のアイカーは志願してのマスク。

いい顔してましたね☆
ベイは30代選手が減っちゃいましたし・・・
働き盛りの選手が元気でいると頼もしく思えますが、相川捕手は敵ながらあっぱれ~☆ですね。。

>立浪選手の一振りやシゲの守りに脱帽です。

隙なし!!ですよね。つおいハズです^^;

コメント、ありがとうございます。

sihuku :

KOJIさま こんばんわ!

>少しばかりの悔しさは感じつつも良くやってくれたという満足感の方が今は大きいです。

これぞ一戦一勝!を懸けたCSの醍醐味でしたね。
シーズン中の対戦成績を度外視に、1打席、1球・・・でそれぞれの意味合いもあるようで・・・楽しめました♪^^
来季はもっと!?チームの進化があるとやっかい(苦笑)な存在ですね~^^;
シーズン終盤から登場しつつあった若い選手は来季も楽しみ♪です。

>~選手層の差は非常に感じました。

中日は落合監督の意思も各選手に伝わっているかで、やっぱり逞しさを感じるチームですね。

>選手たちにはまず激闘の疲れを癒してまた来年こそはさらなる上を目指して欲しいと思ってます。

試合後は宮本選手も厳しさあるコメントを残されてましたが、今はゆっくり休んで・・・そしてまた秋キャンプ!ですね。

コメントありがとうございます。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

セ・リーグCS第1S 中日 vs ヤクルト 第3回戦

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージ第3戦、中日vs.東京ヤクルトが19日、ナゴヤドームで行われ、7対4で中日が勝利した。中日はこの結果により対戦成績を2勝1敗とし、巨人の待つ第2ステージに進出した。第2ステージは21日、東京ドームで...

ヤクルト無念の敗退

1勝1敗のタイに持ち込まれたセリーグCS第1ステージ第3戦は、中日が7ー4でヤクルトを下し、第2ステージに駒を進めた。 18日にユウキ、高木、野口のA型インフルエンザ感染が発覚したのに加え、さらに川本、衣川両捕手も感染し、さらに松岡投手が発熱によりベンチ登録を外...

東京ドームへ!

勝ったから良いんだけど・・・・・、 という場面が多々あった第1ステージですが、 それこそ監督のコメント通り、 「勝つか負けるか、ただそういう戦い」であり、 何とか勝って水曜日からはいざ東京ドームへ! ということになりました。 ドラが読売に勝っている点は、 緊張...
ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。