経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クライマックスシリーズ 第2ステージ 2009/10/22(木) (セ)第2戦
読売ジャイアンツ6-4中日ドラゴンズ

【戦評】
 巨人が逆転勝ちした。2-2に追い付いての四回、阿部のソロで勝ち越し、さらに一死二、三塁から代打大道の二塁打で2点を加えた。オビスポは7四死球を与えたが、六回途中まで2失点。2点差に迫られた八回のピンチからはクルーン投入で逃げ切った。
 中日は先発のチェンが誤算。巨人打線の粘りに屈し、5失点して四回途中で降板した。(サンスポより)



IMG_0029巨中第2戦 IMG_0029巨中第2戦 (1)

※原巨人の”してやったり”の2戦目でしたね。
戦前から(シーズン)防御率は好成績ながらも、勝ち星では同じ中日の吉見投手と随分な”開き”もあって、”ここ一番での勝負弱さ!”を首脳陣からも懸念されているチェン投手・・・。
巨はシーズン中、登板するごとにまた新たなる進化を魅せるかのオビスポ投手。
両者の先発で、ある程度は抑える!もの静かな・・・・

・・・!そんな流暢な試合の流れではなかった様ですね(苦笑)。


昨日の1戦目では強竜打線の爆発力で、眠れるG(特に先発ゴンザレス)を粉砕!!されてましたが、やはりシーズン独走を行ったチームですね~。
2戦目の今日は目つき、顔つき、打線の火付き!も昨日と同じミスはしない!!意志と意図があった様です・・・。

中日、森野選手の先制弾には、よもや連夜の・・・・を想像しましたが、それ以上に今日は”G打線”全体で試合の流れを牽引したのでしょう。
早めの反撃とそのムードは、やはりシーズン同様の分厚い攻撃力を維持の様です。

2番、松本選手の粘り(何球投げさす!?w)は地味ながらもボディー・ブロー化してますね。結果、(憎い当たりの)ヒット出塁してますし~。
突き放しになった代打(CSは勝負所が早いです!)の大道選手のランナー2,3塁と置いてレフトへの2点タイムリー2塁打発生の打席での勝負強さと早めに動いたベンチの策も素晴らしいかと~。

元々ある”本能”が”現実化”されるとなればやはり守る側は恐怖感あるかと思いますよ。。


中日も決して打てない訳でも無い!様子ですし、、、今日は藤井選手が反撃の本塁打をかっ飛ばしてました。

どうやらこの巨人と中日の戦いは、もうノー・ガード(?)的な”殴り合い”のフルボッコ(苦笑)で勝敗の行方も変わってくる・・・そんな印象です。観る方は面白い!^^

味方のエラーや四球を出そうものならば、被害拡大!!
投手陣は災難ですね。。

明日は誰から猛打炸裂するのかな・・・・?
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。