経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imgobanatakao尾花さんベイの監督へ

○横浜の来季監督に巨人・尾花氏

 横浜の来季監督に、巨人の尾花高夫・投手総合コーチ(52)の就任が固まっていることが24日、わかった。ヤクルト、ダイエー、巨人でコーチとして7度のリーグ優勝を果たした手腕を買われての起用で、初めての監督就任となる。巨人がこの日、日本シリーズ進出を決めたため、シリーズ終了後に横浜が正式に就任を要請し、発表する見通し。

 尾花氏は大阪・PL学園高―新日鉄堺から、77年秋のドラフト4位でヤクルトに入団。82年から4年連続2けた勝利を挙げるなど、通算112勝135敗29セーブ。95年にロッテの投手コーチに就任以来、一貫して投手の指導に携わってきた。97年にヤクルト野村監督の下で日本一。99年から7年間は王監督のダイエー、ソフトバンクで3度のリーグ優勝(2度の日本一)に貢献した。

 横浜は2年連続で最下位。5月に大矢明彦監督(61)が休養となり、後任の田代富雄監督代行(55)も好成績を残せず、2軍監督に戻ることが決まっている。球団は「横浜をがらりと変えられる人。OBにはこだわらない」と後任選びを進めていた。(asahi.comサイトより)



※!!!?やっとベイスターズ来季の監督人事の報道がきましたね☆
噂通り(!?)の尾花高夫氏(現、巨人1軍投手総合コーチ)ですね!

まだ横浜球団オーナーが巨人球団の方へ(引き抜く形での/笑)要請するという段階?で、正式な受諾ではない報道の様ですが・・・・
ほぼ”尾花さんで決まり”なんでしょうね。


想像・妄想ですが、普通、一般的な”投手コーチ”としての引き抜きならば、いくらなんでも読売球団も手放さないはず。。
でもでも、”監督”となればまた話も変わってくるのでしょうか。

先日の岡田さん(オリックス新監督)も”日本で12人しかなれない監督に光栄”(の様なことを)仰ってましたが、一野球人として実績を残せてきた方にとって、やっぱり"監督”は最大の魅力なのでしょう!?
野球界、野球人にとってある意味キャリアの最終的重要なポストでもあるわけですし、野球人としてのそんな人生の一大事的ターニング・ポイントを”球団のわがまま”(現役コーチを引き抜くだけでも、わがまま”だけど・・苦笑)だけで引き留めるのは・・・
酷だし無理かも。。

どうでしょうか??


もちろん最後の最後は尾花さんご本人の前向きな”ヤル気”と"受諾”ない限り、先のない話なのでしょうけども―。
尾花さんなら請けてくれそう~♪^^

横浜ベイスターズとも特にこれまでにご縁はありませんが(苦笑)、ベイ球団の思惑(その”投手陣の再建”)と尾花さんご本人が本腰を入れてやってくれるのなら、ファンとしては当然全力!!で応援しますけどね。。

現状、どこの誰が監督をやってくれても、(正直)成績が劇的に上がるとは・・・予想付きずらいのですが、、、(大爆w)。

今季、中途で”代行”として頑張られた田代(来季2軍監督)さんの頃のように”火中の栗拾い”・・・にならない・させないためにも、(とにかく!)ベイ球団側の総合的と全面的なバックアップが必要!!!ですよね。

尾花さんが来たからと言って、最高級な投手陣容を誇っているジャイアンツといきなり肩を並べられる訳もありませんよぉ。。
ただ、何か特別な”ノウハウ”には期待したいなぁ~。。。
(・・・・ところで誰からの”ご推挙”なんでしょうね!?苦笑)


  ウェルカム~♪尾花!!^^



↑現役の頃の尾花投手。
80年代ヤクルトスワローズの弱小投手陣の中でも孤軍奮闘エースとしてリーグを代表する投手でした☆
その投球フォームは美しく、制球力のあるピッチングが素晴らしかったですね。
※この映像でバッテリーを組んでるのは名捕手、大矢さんですね^^;

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。