経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
○”ファイターズ・オレンジ”の切り込み隊長

IMG_0029島田誠外野手

ボクにとっての記憶が深いのはオレンジ・カラーを基調としたユニホーム時代の島田誠選手。
巧打!快足!守備の安定さ!
当時、パ・リーグ自体が世間的注目は低かったのですが、(当時の)後楽園球場を所狭しと、サクサクサク~と軽快にプレーしていたのが島田誠選手でした。
※個人的ですが、ボクの本名にも”誠”が付くので、子どもながらでも不思議と注目?気になって!?いたのかも知れません。

島田誠選手は、大学を中退しノンプロの丹羽鉦電機に入社するもののすぐに野球部が廃部というプロ入りも危ぶまれていたそうですね。
その野球部選手たちらで立ち上げた”あけぼの通商”から1976年にテストを受け、同年、ドラフト外にて日本ハムファイターズへ入団するという、その後のスター的人気を集めた選手としては、なかなかの苦労スタートでした。

ルーキー年の’77年にはその小柄(168cmと言われる・・)ながらの俊敏性と俊足のある身体能力を活かし79試合(130試合制)に出場(盗塁10 打率.229)し、チーム首脳からも期待と注目をされるようになります。
翌’78年から外野手としてレギュラーの座を獲得。
規定打席には届かなかったものの115試合に出場(盗塁19 打率.294)しました。
’79年も順調に活躍をみせ、なかでも1979年6月5日の西武ライオンズ戦では”1イニング3盗塁(二盗、三盗、本盗)という現在でも珍しい記録を成功させる高速機動ぶりを発揮!(※盗塁技術ではチーム随一だったが、この記録の言わばアシスト?に当時44才の老練、野村克也捕手がマスクを被っていたという…。)

80年代に入るとパを代表するトップバッターとして、多くのプロ野球ファンへ広く認知されるようになります。
’81年シーズンにはリーグ第2位となる打率.319、盗塁42、出塁率.384と”切り込み隊長”としての役割を十二分に果たす活躍で、その年のリーグ優勝に大貢献!
その後も’87年シーズン頃までチームの主軸として、またリーグを代表する”1番・センター”として活躍しました。

選手晩年となる1991年、ダイエーホークスへ移籍し、その年に現役を引退します。
引退後も評論家、解説者として各メディアに登場し、特に移籍地でもあった福岡地方では人気を高めていたそうです。
90年代後半には、そのダイエーホークスの守備走塁コーチに就任。
2000年代初めにあった王ホークス日本一の躍進、チーム黄金時代をコーチとして支えていました。


その後のファイターズのセンターと言えば、、、この島田誠選手の活躍の跡を継ぐ形で、鈴木慶裕選手、井出竜也選手、さらにチームが北海道へ移っても新庄剛志選手、森本稀哲選手といった常にリーグを代表する”俊足・巧打・強肩”型の名選手を代々輩出されていますね。

個人的にはハムの左打ち、快足トップバッターといえばやっぱりこの島田誠選手なのだ~


またこの2010年より横浜ベイスターズに新監督として就任した尾花高夫監督の補佐役(ホークス時代からの”縁”もある二人)としてベイスターズのコーチ入閣を果たしている。
現役時代・ホークス時代の経験を新生ベイスターズにも注入、活かしてくれることを期待したい!



島田誠(しまだ まこと)
1954年9月3日生まれ 左投左打
福岡出身 直方学園高ー九州産業大(中退)ー丹羽鉦電機ーあけぼの通商ー日本ハムファイターズ(1976年入団テスト受けドラフト外にて入団)
通算成績:
1576試合、5387打数、1504安打、244二塁打、49三塁打、76本塁打、439打点、352盗塁、152犠打、624四死球、531三振、打率.279
主なタイトル:
ベストナイン2回 (外野手1981年、1983年)、ゴールデングラブ賞6回 (外野手1981年~1985年、1987年)、オールスターゲーム出場6回 (1979年~1983年、1985年)
1イニング3盗塁(1979年6月)



スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。