経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木曜すぽるとにて、尾花新監督率いる”新生ベイスターズ”の特集コーナーの放送がありましたね☆

尾花監督とのインタビューでは、番組メインの三宅アナが直撃!でした。


『”チームの改革”、”打倒巨人”への秘策に迫る』…のインタビューです。

ナレーション:投手コーチとして4度日本一へ導いた名参謀。大改革という命題を託され、横浜の監督に就任した尾花高夫に迫る!

三宅アナ:もうそろそろ”監督”と呼ばれることには慣れましたか?
尾花監督:え~…慣れると言うほどではないが、まあ、聞くのにはドキッとしなくなってきた。

三宅アナ:こう言っては何ですが、成績自体も非常に厳しい、このベイスターズというチームを引き受けるにあたっては、色々迷いとかもあったのでは?
尾花監督:まあ、そうですね。僕に”監督しろ”ということで、”投手陣をキチンと整備しろ!”ということだと思いまして、それならとりあえずは投手の所は専門的な部分なので、(これまでとは違い)良くは出来るだろうと思いはあった。
すぽると~尾花ベイスターズ 特集

三宅アナ:(尾花)監督自身、そのコーチになられたチームは全部良くなっている。それも防御率が4点台から3点台という大幅に改善されているが?
尾花監督:”正しいことをやっていれば良くならないわけがない”と言う―。

三宅アナ:それがね…良くならないですがね…?
尾花監督:それは方法が間違っているんだと僕はそう思っている。僕がよく言っているが、”(失点を)100点は減らせる!”自信はある。

三宅アナ:100点を減らすのはそんなに簡単ではないのは?
尾花監督:まあ、、、100点は減らせますよ(苦笑)。それでも100点減らせても(防御率は)3.60くらい。優勝争いするためには、3.30位までの所までしないと争いは出来ない。

三宅アナ:昨年までの(巨人がカモにしてた)ベイスターズの投手陣スタッフについてどういう風に見ていたのか?
尾花監督:(カモにして)美味しいかった(笑)。あの、潜在能力として悪いとは思っていないんです。やっぱり方法論(が悪いのか)…、同じように打たれているとか、なんで?こないだも打たれたのに!とか―。


ナレーション:長い低迷期を脱せない横浜だが、(昨年オフに)12球団いちとも呼べる補強をし、今シーズン期待の出来る戦力が整った。それでも、最大のポイントは”バッテリーの強化である―”。

三宅アナ:昨季は先発陣からまず揃わない!という状況だったが、(オフの補強で)先発陣も充分まかなえる位の投手が…
尾花監督:いますね!清水が入って、三浦がいて、ランドルフ…今年先発にする山口、寺原もしっかりさせなきゃいけない。

三宅アナ:”山口”という名前が挙がったが?昨季”抑え”をやっていたが、”先発”がいいだろうと?
尾花監督:いや!?”先発”の方がというよりは、三浦の後の”エース”を誰にしようかって考えた時に、やっぱり山口が良いのかな~と。彼は球が速いですし、本格派がエースとなるのが、チームにとってはとてもありがたい事。

三宅アナ:見ていて、”一番、コイツもったいないなぁ~、もっと良いピッチング出来るのになぁ~?”は?
尾花監督:”寺原”!!ですよ。彼は持って生まれたもの自体、もう天下一品なので、15勝位は普通にしなきゃいけないピッチャーと思う。

三宅アナ:捕手は?補強した”橋本将”が大きいのでは?
尾花監督:彼は経験がありますのでね。(打撃の)意外性があり長打もある打者なので―。やっぱり経験がある部分で、リードしてくれる。配球という意味だけでなく、精神的にも…それに期待している。

三宅アナ:バッティングの方ですが、こちらは”村田・内川”という軸がありますが、それを取り巻く所が…。
尾花監督:そうなんですよね!まぁ、そこに日ハムから”スレッジ”を獲って、3,4,5番という所が強力になった。”内川・村田・スレッジ”…。

ナレーション:優勝を手にするために、超えなくていけない”高い壁”。最強の声を欲しいままにしている巨人に対してどう立ち向かうのか!?

三宅アナ:巨人に対して、どう戦うのか?我々はとても興味があります。尾花監督が、(巨人選手の)色々な投手の攻略法であり、弱点であったりを全て抱えて、横浜に来た(笑)。実際にそれ(データは)はありますよね?
尾花監督:もちろん…はい。やっぱり4年やっているんで、弱点は知っています!ただ、阿部(捕手)が正捕手ですので、その辺のところは多分、上手くリードするのでは。でも、弱点はなかなか治らないので、そこを突いて行きたい!
ジャイアンツは特別な3連戦では無いと思うが、ベイスターズにしてみると”ホーム開幕3連戦”はとても重い。極端に言うと”一年を占う(重要な)3連戦”なので、全力でいける様にしたいなと思っている。

ナレーション:”尾花ベイスターズ元年”。当然、監督だけではなく選手たちも、覚悟を決めてシーズンに挑む。大改革への第一歩が幕を上がる―。
すぽると~尾花ベイスターズ 特集
↑意気込みを語る各選手たち。※今年は自主トレから何かが違うようですね☆

三宅アナ:対選手にはどんな感じに?
尾花監督:僕自身はみんなが本当に優勝するんだ!っていう気持ちを持って貰わないといけない。そのためには、”FOR THE TEAM”(フォア・ザ・チーム)に徹してくれないと、優勝出来ないと思う。高い所の目標に辿り着くためには、やっぱりみんなで努力して行かないといけないので、(お互い)励まし合ったり、叱咤激励であったりの事の方が多い。

三宅アナ:まもなく春キャンプだが、どうでしょうか?楽しみ?不安?…
尾花監督:不安は全くないです。(これ以上、順位は)下がりようないので(苦笑)。私たちは上がるだけなので、今年一年、無茶苦茶やってセ・リーグをかき回そうかと思っています―。


最後に三宅アナからの目標を聞かれ・・・・・

すぽると~尾花ベイスターズ 特集
もちろん…『日本一』!!です。

さらに決意は…『挑戦』と書いてもくれていました。


。。。と、丁寧に熱く語ってくれた尾花監督でした~

 今年こそ!ベイの選手よ目覚めよぉぉおおお~~☆


スポンサーサイト

コメント

どうぷ : 尾花氏

期待できそうですね。阪神よりは潜在能力のある投手陣が揃っているので、精神面を上手く整えることが出来れば、かなり活躍出来ると思いますね。スレッジはリーグが変わって、セのせこい変化球攻めにどう対応していくかでしょうね。

sihuku : 今年はやりますよお=

どうぷさま こんばんわ!
いつもの(?笑)オフ期間だけの盛り上がりで終わらないことを祈りつつ・・・・です^^
これまでの補強とは明らかに違う”本気度”は感じています。ただスレッジ選手は個人的には大して期待感はないかも~です。(外野の)日本人選手には結構、若い素材ある選手がいるんですよ~♪
投手陣がなんだかんだで一番の心配なんですよね。
阪神も今年は(投手の台所事情は)苦しくないでしょうか?2010年は巨人、中日、阪神とはもうちょっと(秋まで)野球したいですよ~v-391

コメント、ありがとうございます。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。