経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた、また!フジ系”すぽると”ネタです♪笑

前々回の”投手編”、前回は”守備・走塁編”のこの選手が凄い!(フジ系”すぽると”に火曜日放送企画です。)ですが、(今回はたぶん?最終回だと思うケド)いよいよ”バッター編”になります。
この選手が凄い!バッター編


=バット・コントロール部門=



1位…青木宣親(東京ヤクルト)~26票
この選手が凄い!バッター編
一流の選手たちをも唸らせるバットコントロールで、ヒットを量産する青木!今季から背番号を「1」に変更。”ミスター・スワローズ”として6年連続の”打率3割超え”、2度目の”200本安打”、そして3度目の”首位打者”を目指す!!(番組のナレーションより~)
この選手が凄い!バッター編 この選手が凄い!バッター編
青木宣親選手のコメント…”三振しないイメージがあるのかもしれないですけど、確かにあまり三振はしないバッターだと思う。粘ろうとだとか、そういう気持ちがあるからだと思いますけどね。そういう風にプロの選手から見えるというのは本当に嬉しいですね。”
”新たな気持ちでスタートしたいと思います!一生懸命がんばりますので、これからも宜しくお願いします!”

選手コメント/"際どい球にもファールにしようと自分で思ってファールにしていますし―。”(鳥谷敬選手談)
”ファールも打てるし、90度以上(広角)にちゃんと打ち分けられる―。”(森野将彦選手談)
”よく打たれましたね!青木選手は凄いですね。”(高橋建投手談)
”青木さんでしょ!参考にできることはないかな?ていう風には見てますけど、なかなか独特な感覚を持っておられると思いますので、(参考にするには…)難しいですね~”(鉄平選手談)


2位…鉄平(東北楽天)~19票
昨季、パ・リーグ首位打者に輝きその才能が開花した鉄平選手だが、それに甘んずる事はない!今春キャンプではミート・ポイントを昨年より後ろにおいた新たなフォーム作りに取り組み、さらなる飛躍を目指す。 
※’09年リーグ首位打者

選手コメント/”インコース真っ直ぐのさばき方というのは、他にない天性のものを彼は持っていますので―。”(山崎武司選手談)
”アウトコースのいいコースだと思ったんですけど、それを簡単にレフト前に打たれた…”(摂津正投手談)
”チョンと当ててるような感じですけど、しっかり打球はいい速さで飛んでますし―。”(和田毅投手談)
”…鉄平くん!!”(小谷野栄一選手談)
”鉄平さんですか。。”(ダルビッシュ有投手談)

3位…小笠原道大(巨人)~15票
豪快なフルスイングが印象強い小笠原選手だが、実はそのバットコントロールも”超一級品”!今季はあと残り168本に迫った2000本安打達成を目指す!! 
※打率3割超え9回(実働11年)

選手コメント/”何でこんなところ打てるのっ!?という球を普通に打ちますし…”(寺原隼人投手談)
”毎年3割確実に打ってくるバッターなので、やっぱり凄い!バッターだなと思います。”(飯原誉士選手談)
”小笠原さん!?もお~ずば抜けてるでしょ!小笠原さんというか”ガッツ”ですね!”(清水直行投手談)

4位…稲葉篤紀(北海道日ハム)~8票
ストレート、変化球…どんな球種でも対応する高い打撃技術を持つ”37才”!そのバットコントロールはまだまだ進化を続ける!! 
※’07年リーグ最多安打(176本)、4年連続打率3割超え

5位…井端弘和(中日)~7票
三振が少なく、左右に打ち分けるそのバットコントロールは相手ピッチャーに対してまさに”いやらしい~”存在。 
※4度の打率3割をマーク!!



=勝負強さ部門=


1位の選手は”予想”してみってネ~


2位…小笠原道大(巨人)~16票
チャンス強いバッター第2位は、、、バットコントロール(部門)でも3位となった巨人・小笠原道大がランクイ~ン☆セ・パ両リーグでMVPを経験した球界屈指のバットマン!今季もその勝負強いバッティングでチームを勝利へと導く!!(番組ナレーションより~)
※’06年=パMVP、’07年=セMVP(両リーグMVPは史上2人目)

選手コメント/”チャンスの時のこうバッターボックスの雰囲気と集中した時の目つき”(中島裕之選手談)
”守っていて打ち取れる気がしないというか…”(平野恵一選手談)
”小笠原さん!とかなってくるんじゃないですか!?”(永川勝浩投手談)
”ジャイアンツ小笠原!!対戦スルタビニ、イイ場面デ打タレテイルト言ウ印象ガアルヨ。”(ガイエル選手談)

3位…中島裕之(埼玉西武)~15票
昨季、プロ8年目で自身最多の92打点を記録!今季はその勝負強さで初の”100打点”突破を目指す!”

選手コメント/”テレビで見てるときでも、いい所でいつも打っているなぁという印象がものすごくあります。”(田中将大投手談)
”当てるの上手いし、右にも上手く打てるバッターなので―”(岩隈久志投手談)
”う~ん、、、中島!?ナカジ、、、はいっ!”(内海哲也投手談)
”ナカジマサァ~ン!西武デ同僚ノ頃カラ彼ノ成長ヲ見テキタシ、年々チャンスニ強クナッテイルネ!”(カブレラ選手談)
※’09年リーグ最多安打(173本)

4位…ラミレス(巨人)~10票
来日10年目を迎えた巨人ラミレス!これまで、打撃三部門で多くのタイトルを手にしてきた”最強助っ人”。今季、通算6つ目となるタイトル~ゲッツ~☆を目指す!

選手コメント/”ここで打って欲しくないなと守っている時に必ず打たれるよね。あの集中力はちょっと勉強したいなと思いますね。”(村田修一選手談)
”ラミレス選手!…やっぱ一番嫌ですね。”(関本賢太郎選手談)
”やっぱラミちゃん!かなぁ…ラミちゃん~”(青木宣親選手談)

5位…高須洋介(東北楽天)~5票
その勝負強さから付いたニックネームは”必殺仕事人”!!通算得点圏打率(プロ通算打率.270→通算得点圏打率.325)が示す通り、ここ一番で魅せるバッティングは球界屈指☆

選手コメント/”高須さん!”(ダルビッシュ有投手談)
”高須さん!”(武田久投手談)
”ウチの高須選手ですかねぇ~”(草野大輔選手談)


過去記事:
 「1/100 この選手が凄い!”ピッチャー編”」(速球編と変化球編)

 「1/100 この選手が凄い!”守備・走塁編”」(内野・外野手編)


1位…稲葉篤紀(北海道日ハム)~20票
この選手が凄い!バッター編
12球団で最もチャンスに強いバッターは…北海道日ハムの”イ・ナ・バ・ア・ツ・ノ・リ~”☆
バットコントロール(部門)で4位、さらに外野守備(部門)でも2位に挙げられた稲葉。一流の選手たちが認めるまさに!!”超一流”のプレーヤー!!今季も稲葉のプレーから目が離せな~い。(番組ナレーションより~)
この選手が凄い!バッター編 この選手が凄い!バッター編
稲葉篤紀選手のコメント…”へぇ~??あっホント!?ですかぁ…嬉しい♪まあね、いやいや嬉しい♪ですねやっぱね。選手に認められるって本当にこれほど嬉しい事はないので、まあ、あの~こういうのが続けていきたいと思いますね―。”
”「すぽると」をご覧のみなさま、ファイターズの稲葉篤紀です。え~、今年も”稲葉ジャンプ”をして頂いてチャンスに強いと言われるバッターを目指して、頑張っていきたいと思います!また応援よろしくお願いします(笑顔)。

選手コメント/”簡単に三振をとれるバッターではないので…。執念というものが、人とは違ったように感じますね。”(馬原孝浩投手談)
”際どいところには手を出してこないし、ピッチャーも神経質になっているんで、際どいところにと思ったらフォアボールになっちゃますね!甘いところに投げるとヒットを打たれますね!”(杉内俊哉投手談)
”稲葉さんっ!ですね。”(藤川球児投手談)
”稲葉さんっっ!!…ですかね。(苦笑)結構打たれているので―。”(唐川侑己投手談)
”やっぱり日ハムの稲葉さん!ですかねぇ~…”(井口資仁選手談)

この選手が凄い!バッター編
※この企画、攻守に稲葉選手の大活躍~が光ましたね!
現役の選手・同僚から選出されるのですから、まさに”超一流”の証でありましょう。





※ところで、、、
このバッター部門で、ベイスターズの選手(内川・村田)の名前が挙がってこないって…

おっかしい~ナ。。。(ブー、ブー♪)

二人ともまだまだ、、、なんですねぇ~(苦笑)。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。