経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月28日に中村俊輔選手の横浜F・マリノスへの完全移籍を正式に発表しましたね。
背番号は「25」と言うことで、自身のルーキー時代の番号の付いたユニを着て、早速”日産スタジアム”でお披露目をされたそうで~。
中村俊輔 正式にマリノス復帰!.

中村俊輔選手
「横浜F・マリノスに移籍することが決まりました。やっぱり、ここまで難しいこともありましたけど、無事F・マリノスに戻って来れて非常に嬉しく思っています。良いプレーをして、自分の経験を生かしてF・マリノスを強く、チームが大きくなれるように貢献していきたいと思いますので、よろしくお願いします」

[質疑応答]
Q.8年ぶりのJリーグ復帰となった決め手、そしてF・マリノスへの想いは?
中村「1年半ぐらい前から日本に戻ることを考えていて、そのクラブはF・マリノスしか考えていませんでした。今日、こうやって戻って来れて嬉しく思っていると同時に、帰りの飛行機の中で向こうで結局結果を残せなかった悔しさもわいてきました。この悔しさを次に生かさないと意味がないと思います。また新しい挑戦なので、頑張ります」

Q.契約内容、そして開幕戦出場が可能なのか?
嘉悦「契約年数や年棒については、当然公表できるような問題ではありませんので差し控えさせていただきます。登録につきましては最短で出来るような手続きを進めておりますが、間に両国協会も入ってきますので、それ次第という部分があります。開幕は微妙かもしれません」

Q.スペインからJリーグ復帰を決めた最大の理由は?
中村「こういうタイミングでの移籍は難しいと思います。が、一つはワールドカップが近づいて来ているので、プレーできる環境でやりたいということ。そして前から、F・マリノスでやりたいと考えていました。その他にも、理由はいくつもあります」

Q.スペイン挑戦の結果について、どうとらえているか?
中村「あの時期に行くのは、もしかしたら試合に出れないというリスクも理解して行っていました。けれども、そういう高い壁に当たらないと僕は伸びないタイプなので。こうやって戻ってきたけど、全く悔いはありません。また高いレベルが見えたので、次にそれを生かせば自分は伸びていくことができます。2002年に日本代表に選ばれなかったときもそうだし、レッジーナで試合に出れないときも、それをバネにして自分を伸ばすことが出来ました。今回のスペインも失敗とは思っていません」

Q.スペインでの経験で、これから生かしたいことは?
中村「もちろんプレーの質とか単純にフィジカルとかもありますが、それ以外、たとえばチームメートとの試合までのプロセス。エスパニョールにはアルゼンチンの選手が多かったが、試合へのバスの中ではお祭りじゃないが賑やかに騒ぎ、それが負けた帰りのバスではケンカし合ったりしていました。いろいろ、伝えていきたいことがあります」

Q.ヨーロッパからJリーグに戻ってきた日本人選手で必ずしも活躍できていないケースが多々あります。これからJリーグや日本代表で活躍するために一番必要なことは何だと考えていますか?
中村「やはりメンタルです。半年前に戻る話が出たときもいろいろ想定していました。日本から海外に出るときより、日本に帰ってきたときの方が難しい。日本人の持つポテンシャルは、海外で結構、驚かれます。逆に日本に帰ってくると、やって当たり前と見られる。そのプレッシャーにどう勝つか。そこは個人だけでうまくいかないところもあると思うので、チームメートの力を借りたり、また生かしてあげたりしながらやっていきたいです。そういうことは自分の頭の中に入っています」

Q.F・マリノスにおける目標は?
中村「あまり先のことは考えられない。早くチームに溶け込むために何をするかが頭の中に入っています。Jリーグ全体のDVDは前から観ていたので、誰がどういうプレーをするかはだいたい把握しています。そして印象として、Jリーグは速いと思うので、それに慣れるのも重要なことだと思います。もうワールドカップまで時間がないので、活躍をしないとアピールも出来ない。まあ難しい挑戦だと思いますけど、頑張りたいです」

Q.もう木村監督と話はしましたか? 木村監督の印象については?
中村「ロッカールームで少し話をしました。今のチームの状況を聞きました。ジーコ監督も、ストラカン監督も、アルディレス監督もそうですが、偉大なプレーヤーだった人は独特の感覚でしゃべる部分があるので、そういうのを聞き逃さないようにしたい。きっと吸収できるものがあるはずなので楽しみです」

Q.これからの夢は?
中村「F・マリノスを優勝させて、強くしたい」


<サポーターへの挨拶>
中村俊輔選手
「F・マリノスへの移籍が無事に決まりました。またこのトリコロールのユニフォームを着て、頑張りたいと思います。みなさんも応援の方をよろしくお願いします」
マリノスのHPからの引用です。)




背番号は『25』中村”マリノス”俊輔 Jで再生へ!
”かなスポ”(神奈川新聞のスポーツ欄です。)でも大々的に取り扱われていました!
”神奈川のJクラブ、神奈川出身の代表クラス選手”と来れば地元紙が大きく取り上げるのも当然でしょうか。
見出しにある『覚悟はあるのか?』はサポーターからの一つの訴えなのでしょう。会見後にお披露目されたスタジアムの横断幕にドンッ!と掲げられていましたから―。
期待感の裏変えしでもあるでしょう。
たとえ海外実績のある俊輔クラスの選手であっても生半の気持ち・気合での移籍ならばお断りっ!?納得しない!というメッセージもあるかもしれない。。
要は骨を埋めるつもりで”マリノスで全身全霊で頑張れ!!”発奮させる意の方が強い?のかな―。


今のマリノス、とにかく中盤には活きの良い将来性感じる若い選手が育ち盛り♪です。
この俊輔選手の実績や技、考え方の一つ一つがチームに大きな影響力を与えるくれるでしょう。

あとは、、、どこまで若い選手を引っ張るなり背中押しかケツを叩くなり(笑)をして行ってくれるのか??
チームに問題なくスムーズにフィット出来れば、自身の”日本代表”(岡ちゃんの溺愛?外野からも文句なしっ!の)選出もおのずと決まってくるはずですし。
俊輔選手の以前と変わらない、あの”輝き”ある足技と存在感をサポーターは期待しているはずですよ。
”覚悟”を観たいわけですよ。

個人的には十分に楽しみ♪なわけですけどね。

この移籍と活躍が、Jリーグ/代表戦の人気再加熱への起爆剤の一つにも…なって欲しいナ~

今季は年齢的なもの、W杯イヤーということもあるでしょうけど、稲本、小野伸、俊輔…と帰国ラッシュ!?
ある意味、”ベテラン”選手と今の代表チームとのターニング・ポイント的な年になりそうな。
リーグが楽しみ♪ダネ。




ブログ内関連記事:俊輔F・マリノス復帰へ!!!

横浜F・マリノス(ウィキペディア)


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。