経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜ベイスターズvs阪神タイガース(24回戦)  ※ベイスターズ今季地元での最終戦!

横浜ベイスターズvs阪神タイガース(24回戦)  ※ベイスターズ今季地元での最終戦!
この試合でベイスターズのユニホームともお別れ…
’98年V戦士の(左)石井琢朗選手、(右)鈴木尚典選手

10月11日(土)横浜、14:00、16224人
阪 神 0 0 0 1 0 0 3 0 0=4
横 浜 2 0 0 0 0 0 3 0 X=5


【投手】
(神)石川、阿部、久保田-野口
(横)吉見、真田、高宮、横山、寺原-斉藤俊、相川

【責任投手】
(勝)高宮9試合1勝
(S)寺原41試合3勝9敗22S
(敗)阿部32試合1敗

【本塁打】
(神)なし
(横)内川14号2ラン(7回、阿部)
横浜ベイスターズvs阪神タイガース(24回戦)  ※ベイスターズ今季地元での最終戦!
↑今季の”首位打者”のタイトルも確定!!!内川選手の逆転殊勲2ラン本塁打が生まれ、前日にⅤ逃したもはや”抜け殻!?状態の阪神さんから勝利しました♪(やったぁ☆”個人的”にも最高ーッ!!!な勝利。ウッチー、ありがとう。。)

【戦評】
 横浜は一回に村田、吉村の連続適時打で2点を先行。2点のリードを許した七回は、打率リーグトップの内川の14号2ランなどで3点を奪って逆転した。阪神は先発の石川が6回2失点と好投したが、2番手の阿部が誤算だった。(サンスポ


※今日(10日)は地元”横浜スタジアム”でのシーズン最終戦。試合終了後に大矢監督からの”ご挨拶”がありました―。
横浜ベイスターズvs阪神タイガース(24回戦)  ※ベイスターズ今季地元での最終戦!
今季のこの滅茶苦茶で不甲斐ないシーズン成績で、これまでの野球界ならば(正直)シーズン途中で、”休養”だとか”更迭”騒ぎもあってしかるべき!な所だったのですが・・・。良かったのか?悪かったのか??とりあえずこの”大矢政権”下でシーズンを終える事になりました・・。
一ファンとして・・・そりゃ~憤慨!屈辱!もいい所です!!あまりの弱さに泣けてきました・・・。らしかならぬプレー、さらにはその采配ぶりの続出に、もう・・早く2008年シーズンが終わって欲しいと願うばかりでしたが、こうして終わってみるとやはり心残りみたいなものもあったり・・・。

球団・チームが一番輝いていた時期(1998年シーズン)から活躍されてきている、しかも生え抜き!!でもはやチームを代表されてきた”功労者”、石井琢朗内野手に鈴木尚典外野手の来季”戦力外構想”という、何ともビックリ!仰天!!な荒業を断行する球団フロント(どうやらフロント陣は現場だけに”責任”を取らせたいのでしょうか?!)にも正直、腹立しいのですが―。そんな中で、マイクを前に大矢監督がファンに向けて、今季の反省(?)、ファンへの謝罪(?)を発言されてくれても、どれも予(あらかじ)め前準備されたかの口ぶりで、スタンドにいた多くのファンが聞きたかった真意がそこにあったのかは・・・大きな疑問と言いますか・・・。

横浜ベイスターズvs阪神タイガース(24回戦)  ※ベイスターズ今季地元での最終戦!
スタンドに来れなかったベイスターズのファンへはもちろんですが、今この場にいるファンへのシーズン終了の挨拶にしては、あまりの淡白さゆえにちょっとがっかりな想いも個人的には感じました。
球団社長は一度も(グラウンドに立ち))ファンの前に顔を出さないんですね・・・。

・・こんなんで来季は大丈夫なの???と思ってしまいますよ!!心配ですね。





○石井琢朗選手(5)、鈴木尚典選手(51)の事実上ベイのユニホームを着るハマスタでの最後のプレー・・・

石井琢、自由契約へ=プロ野球 
 横浜から戦力外通告を受けた石井琢朗内野手(38)は11日、球団に自由契約選手とする手続きを求める考えを明らかにした。本拠地での今季最終戦に途中出場した石井琢は「これで終わりじゃない」と話し、改めて現役続行への意欲を示した。(2008年10月11日(土) 20時51分~時事通信)
タクロー

タクロー
↑写真はその大矢監督の”挨拶”のあと、ライトスタンドの”タクロー”コールで姿を魅せてくれた・・・。鳴り止まないタクロ~ッ・コールの中、その騒ぎを自らで制止し、最後に大きな地声で・・・”ありがとうございましたーっ!!”(多分・・・です。よく聞こえなかった・・)とファンへ最後の挨拶!でした―。

琢朗選手は”自由契約”との発表がありましたね。ファンとしても色々と想うところはありますが、まだまだ現役でプレーしたい!!との考えを一番に尊重しつつ、他球団選手になっても、そのプレーをファンに魅せ続けて欲しい~☆と願っています。。

これまでの”最高のプレー”をありがとう~ タクロー!!!



さらに・・・

横浜・鈴木尚に戦力外通告 コーチ就任は保留
 横浜の鈴木尚典外野手(36)は7日、横浜スタジアムで、球団から6日に戦力外通告を受けたことを明らかにした。今季限りでの現役引退とともに2軍コーチ就任を打診され、態度を保留したという。
 鈴木尚は、現役続行に意欲をのぞかせつつ「横浜のユニホームを着てプレーしたいと思っていたが、こういう事態になったので、しっかりと考えたい」と話した。球団は鈴木尚の希望に沿って対応する構え。
 現役に未練を見せる一方で「横浜のユニホームで辞めるのが一番の幸せ」と引退も覚悟している胸中を明かした。(サンスポ)
タカノリ
尚典選手は・・・確かにこれまでもタイトル(投手や打者部門に)を獲る選手はいましたが、この選手が出てきたときは、横浜ベイスターズの新時代を特に感じました。
静岡の出身ですが、横浜高校でも活躍してからのベイ入り―。
そして、文句なしっ!!の首位打者タイトルを2年連続で奪取☆
篠塚氏(現ジャイアンツのコーチ)を彷彿とするかの巧みなバット・コントロールと長打力もありましたし、当時は何よりも勝負強かった!!
横浜高の練習態度や生活面からの厳しさを受けてでしょうが、実直で懸命なプレー・スタイルも魅力でしたね!いつも礼儀正しいと言いますか・・

タカノリ
↑写真は琢朗選手とともに、一度はベンチ奥へ下がったのですが、そのスタンドからの大声援に応え姿を現してくれました!
深々と丁寧にファンに向けておじきをする尚典選手。
娘さん(でしょうね!?)とご一緒に。


ハマの元祖”ヒットマン”、”ハマの安打製造機”こと尚典選手も・・・
今後の進退の詳細は不明なのですが・・相当口説かれない限り、現役引退(本人はベイ以外のユニホームは着れない!とも表明されていますが・・・)の方向ではないでしょうか!?
まだまだプレー出来る!!とは思うのですが、でも!タカノリには一番ベイスターズのユニホームが似合うとも思います!

タカノリ タカノリ
ターカーノーリー!! ターカーノーリー!!
左中間を突き破る2塁打が個人的には特に好きで興奮しましたっっ!ありがとう尚典!!


琢朗選手は現役続行とのことですが、もし?もしも・・・尚典選手がこのまま引退ならば・・・・先日の川村投手(来季は投コーチへ)のようにちゃんと引退セレモニーも観たかったかなぁ~。。
球団もファンもちゃんと送り出すべきのこれまでの実績・人気と功労者だとも思いますがね~・・・。


※このブログ記事は2008年10月16日分からの転載になっております。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。