経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
審判団のレベルを疑うここ最近の”ビデオ判定”!


○ビデオ判定で逆転満塁弾=プロ野球・ロッテ

 六回1死満塁の好機に代打で登場したロッテ福浦は「気持ちの準備はできていた」と高めの変化球を振り抜き、右翼ポール上を巻いた。だが、一塁塁審はファウルの判定。球場全体がどよめく中、ビデオ判定で一転、逆転の満塁本塁打に。福浦は「頼むぞという気持ちで待っていた」と苦笑した。
 今季は金泰均の加入で、指名打者や代打での出場が中心だが、3本塁打のうち2本が代打での一発と、往年の勝負強さを発揮。「本当は最初から使いたいが」。西村監督にとって、うれしい悩みだ。(時事通信より)



セ・パ交流戦が始まりましたね☆
自身、風邪をひいてハマスタ生観戦を回避しました。がもちろんTVではチェックですよぉ。
13日の対千葉ロッテ戦。(↑の)引用文にありますが、6回1死満塁…打者(代打の)福浦選手。マウンドにはこの回から登板の真田投手。
福浦選手のライトへの大飛球!!(ってか、あれは明らかに!!!ホームランだよね!?)
カメラの位置が方向的に1塁側付近からだったのですが、観るからにいつものホームランだった!

なのに、一瞬、場の空気が止まって、福浦選手が(ファウル判定としての)ボックスへ戻されるようにと促されてましたね。
すぐにロッテ西村監督からクレーム?確認??の抗議が―。

ボクもあれっ???TVを観ながらですが、、、????でしたよぉ。
全くもってよく分からないジャッジ(判定)。

ハマスタ(横浜スタジアム)開催で、まさかの”ビデオ判定”へ。
”ビデオ判定しますから~しばらくお待ちください!”なんて審判団からのマイク放送。
5分ほどの”審議”(笑)でしょうか?
審判団が出てきて、、、”ビデオの結果、ホームランとしますっ!”のコール…。
喜ぶ福浦選手にロッテ側ベンチにレフト外野スタンドのファン!!!大歓声でしたね☆


いやっ!いいんですよぉ=
あれはどうみてもホームランですからっ!!!

てか明らかに”誤審”だよね!?
審判団の”対応”の方に問題が明らかにあるよね!!
ハマスタの”ホームラン・プレー”でどこをどう観て、どう(ファウル)判定を下したのか?それを知りたい!!!
なんで一旦、ファウルなんてジャッジをされたのか???
誤審だからでしょ!?要は…。(まぁ、実際ホームランになったのだからファウルでは無かったよね。)

今のこのビデオ判定のルールが制定されている以上は、”誤審”とはどこのマスコミ関係も書かない(聞かない~)みたいだけど、でも今回のは”明らか”じゃないのかなぁ~。。。
と思う。
※確か、以前にもハマスタ開催で、ライトへの場外ホームランを巡って、イン(ホームラン)かファウルか???覚束(おぼつか)ないジャッジがあったけど、まあ、、、あの時はポールの長さの事もあって、難しい判定だったのかな~と思った。

けど今回は(TVで観る限りだけど~)明らかなホームランじゃないのかな???
しかも審判団はすぐに西村監督の”(アピール)抗議”を受けてのビデオ判定だったね。
まず4人で確認はしないのかな?いや、やってたかもしれない…。
にしても4人で協議した上での(最初の)ファウル判定ならますます”誤審”だよね!!!

この”ビデオ判定”ってルール(?)が出来てから、何度かそのシーンを(TV中継でだけど~)観てきたけど、
どうも酷いねえ~。。。審判団の対応?が―。
もっと繊細にハッキリと毅然(きぜん)と正確にジャッジを決めて欲しいよね!
てか今まではそう当たり前にやって来たじゃない!

ビデオ判定そのものが悪い!とは思わないです。
一応、皆で決めたルールならば、それに従えばいい。時代の流れもあるかも知れない。
ただ、そのビデオ判定での細かな配慮やそこにいくつくまでの判定のあいまいさには、素人ながらもどうかと思う節が多々ある!てかあり過ぎるよ。

最近のプロ野球の審判団ってレベル落ちてるんじゃない!?って言われても、、、それが言い過ぎなのか?最近、分からないかも~。

色々と苦労もあるかと思うけど野球のレベル、ジャッジの正確さを追求するためにも、もっと審判団のみなさまには頑張って貰いたい!!!です。





スポンサーサイト

コメント

KOJI :

福浦選手の逆転満塁本塁打に埋もれてしまいがちでしたが、この試合で実に6年ぶりの白星を挙げた秋親投手。
5/5の観戦時でも見ましたが、やっとチームに貢献することが出来て良かったですね。

かってシドニー五輪に出場し、福岡ダイエーに逆指名で入団しながら、ケガなどで伸び悩み、しまいには給料泥棒というレッテルまで貼らされて、昨年まで四国・九州ILに所属。
オフに合同トライアウトを経てようやくこうして日のあたる場所に戻って来れたことを思えば、ホントに色々な苦労が報われたと思います。

もちろん若手の台頭が望ましいのがホンネですが、こうした苦労人の活躍も良いものですね。

sihuku :

KOJIさん こんばんわぁ!

>この試合で実に6年ぶりの白星を挙げた秋親投手。

本当!に懐かしい名前でしたっ!!
随分と雰囲気も変わっていた様な・・・そんな印象を受けました。。

>こうした苦労人の活躍も良いものですね。

華やかなプロ野球界にあって、こういう苦労人選手のがんばりも野球界を支えていますよね。
まだまだこれからも活躍を期待していますv-410

コメント、ありがとうございます。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ロッテ・福浦、代打逆転満塁本塁打、秋親6年ぶり白星で横浜に連勝

横浜との交流戦初戦を2ー1で勝利したロッテは、2戦目は、先発・唐川が2回に武山の打球を受け緊急降板するアクシデントに見舞われたが、3ー4と1点ビハインドの6回表に1死満塁から代打・福浦の左翼ポール際への大飛球は一度はファウルと判定されながら、ビデオ判定で本塁打
ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。