経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホントっ!!!弱いでっすね。。。
ファンとして悲しいですよぉ、、、我らがベイスターズ。
終わってみれば、ちゃんとしっかりといつもの”指定席”にドガッとドシッと座ってますもん!
弱いななぁ~


今季の交流戦、セとパとでずいぶんとその実力の差もハッキリ!としちゃいましたね。

パ・リーグが通算81勝59敗4分けと大きく勝ち越したのに対して、セ・リーグは勝率5割だったのが巨人(7位)が最高で、ほか5球団は負け越しました!(セ・リーグ弱っっ!!!笑)

セの下位3兄弟(?)『広島』、『ヤクルト』、『ベイスターズ』にいたってはもう悲惨状態です。。。

もうちょっと…どうにか成りませんかねえ~???



※最優秀選手(MVP)
T-岡田選手(オリックス・バファローズ)
(成績) 打点 24 (交流戦1位) 得点圏打率 .588 (交流戦1位)
(選考理由) 勝負強い打撃で勝率1位に大きく貢献。





※2010日本生命セ・パ交流戦

横浜ベイスターズ:成績

24試合6勝18敗(勝率.250)
(1位オリックスバファローズとの)ゲーム差…10.0
ホーム…2勝10敗
ビジター…4勝8敗
対オリ…0-4
対西…1-3
対ソ…2-2
対ロ…0-4
対楽…2-2
対日…1-3



○尾花監督 球団フロントと緊急会談!

 横浜の尾花高夫監督(53)と島田誠ヘッドコーチ(55)が、14日に横浜市内で球団フロントと会談を行うことになった。
 交流戦はこの日も勝てず9連敗。5勝18敗と大きく負け越して最下位に低迷している。会談では、特に整備が急務な投手陣などに関して、補強策なども含めて立て直し策を検討するとみられる。球団幹部は「球団一丸となって、いい方向にチームを持っていかないと」と話した。現場とフロントが一体となって最下位からの巻き返しを図る。

 若林オーナーは「もう一度原点に戻ってやってほしい。投手は1点でも少なく抑え、野手は1点でも多く取るというシーズン前に掲げたことをね。佐藤(球団常務)を通じて言ってある」。原点とは開幕前に尾花監督が掲げた「投手は3点以内に抑え、野手は4点以上取る」という基本理念だ―。
(スポニチより)





スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。