経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メッシにテベスに…アグエロ、、、そしてイグアインの爆ハット3発!!!
アルゼンチン、韓国に完勝ッッ!!! アルゼンチン、韓国に完勝ッッ!!!
※序盤でのオウンゴールがその後のプランを変えさせたのでしょうか!?
韓国の攻撃的スピード感と組織的な守備力がどこまでアルゼンチンに通用(?)するのか??注目して観てましたが…。
なんてことはないっ!?アルゼンチンのイイ所だけが目立ったゲームとなりましたね!

得点こそ決めれませんでしたが、やはりメッシ、そしてメッシ、やっぱり!メッシですね。
ドリブルでの持ち込みは相変わらず高速でキレキレだし、またさらにアイデア溢れるパスでは、異次元の3Dパスとでも言いましょうか!?
タテ・ヨコ・ナナメ…と、まさに独壇場~♪w…
おまけに最後のイグアインのハットをお膳立てした起点パスでは、韓国DF陣を嘲(あざ)笑うかのごとく!フワリと浮かした空中ループのパスを(左サイドの)アグエロへ~→アグエロからまた軽く浮かせたクロスがゴール前(余裕で待つ!)イグアインの頭上へ―。

(↑)リンク切れの場合はあしからず。

つ、強い!そして面白いッッ!!
今大会のアルゼンチンは決勝Tの一抜けはもちろん!”世界制覇”も具体的に観えるんじゃ~ないでしょうか…。

この試合で途中交代したDFサムエルの足の故障具合に不安・心配を感じさせますが、層の厚さも十分な2010ver.アルゼンチン代表ですね!



6月17日(木) グループB 第2節
試合開始:20:30(日本時間)/試合会場:サッカー シティ/主審:デ ブレーケレ

アルゼンチン4-1韓国
2(前半)1
2(後半)0

(得点)
オウンゴール(前半17分)
ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン)(前半33分)
イ・チョンヨン(韓国)(前半46分)
ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン)(後半31分)
ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン)(後半35分)
※イグアインは今大会初(2大会ぶり48回目、45人目)となるハットトリック達成!

【試合総括】
ボールを支配したのは技術に優れるアルゼチン。トップ下に入ったメッシ、自由に動くテベスを起点にチャンスを作り、16分にはFKからオウンゴールで先制に成功。さらに33分にもFKからイグアインがヘディングシュートを決めてリードを2点に広げる。前半終了間際に韓国のイ・チョンヨンに1点を返されるものの、後半にメッシを起点とする攻撃からイグアインが2点を挙げてハットトリックを達成。メッシが世界最優秀選手の力を発揮し、アルゼンチンに4−1の勝利をもたらした。(ヤフーw杯サイトより)




○大敗招いた攻めに悔いなし=韓国、16強へ強気

 1点を追う後半から、韓国は中盤に金南一を入れた。一見守備的な交代も、許丁茂監督は「(試合を)コントロールして2点目を狙う」と考えていた。カウンターから決定的な同点機をつくってアルゼンチンを慌てさせる場面も。しかし、これを逃すと、逆にラインの裏を突かれてさらに失点を重ねた。
 結局1-4で敗れ、許監督は「こんな大差で負けるとは思っていなかった」と振り返りつつ、リスク覚悟で攻めに転じたことに悔いはない。主将の朴智星も「内容は悪くなかった。次の試合への前向きな材料だ」と話し、優勝候補の一角を相手に攻めて散った気概に救いを見いだそうとした。
 2試合を終えてギリシャと同じ勝ち点3、得失点差も同じマイナス1。総得点数で2位に踏みとどまった。海外開催のW杯で初の決勝トーナメント進出を目指す戦いを考えると、この日の4失点が響いてくる可能性もある。
 前回ドイツ大会も2位で1次リーグ最終戦を迎えながら、最後に敗れて惜しくも敗退した。その悔しさを知る朴智星は「相手も個が強い。(攻撃姿勢を出した)きょうの後半の戦いがいい準備になる」と、22日のナイジェリア戦へ強気を保っている。(時事通信より)




スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。