経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もお~がっかりデス!!

元力士になる理事の方々、親方たち・・・

本当に”相撲”を愛しているのでしょうか???

素人目ですが、まず観えないです。
いままでもこれまでも―。(なんででしょうかね??w)


だからと言って別にイイんですけどね。。
相撲がなくても他に観たいスポーツは山ほどありますから…。

でも、こんな現状においても将来”力士”になりたいッッ☆なんて方が、もし?もしも??いらっしゃったならば…その方が”不幸”ですよぉ。(と思う―。)
こんな相撲界が続くのであるならば…。


これがッ!”伝統”なのでしょうかね~☆(笑)…てかホントに笑える。

現状の各界は・・・終り・・・いよいよ終幕・終篇でしょうね。。

しょうがないですよぉ!

多くの”一般的”(!!!)な大相撲ファンの”期待”をことごとく裏切ってきたのですから~

堕ちましたよね。。。”相撲協会”!!!




大相撲の賭博問題経緯

▽5月19日 翌日発売の「週刊新潮」に琴光喜関が野球賭博の常連客だとする記事が掲載されることが判明。琴光喜関は報道陣に事実関係を否定。相撲協会は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)らから事情聴取
 ▽20日 相撲協会が佐渡ケ嶽親方から事情聴取。同親方は琴光喜関が否定していると報告。記事に出てくる別の力士の師匠、阿武松親方(元関脇益荒雄)からも聴取したが否定。
 ▽22日 警視庁が琴光喜関から任意で事情聴取
 ▽23日 夏場所千秋楽。琴光喜関は報道陣に「話すことはありません」。
 ▽27日 相撲協会、理事会で琴光喜関本人から事情聴取。琴光喜関は関与否定。
 ▽6月4日 阿武松部屋の元関取が写真週刊誌上で、現役時代に野球賭博に手を染めていたなどと発言。相撲協会が阿武松親方から事情聴取。
 ▽11日 相撲協会が、野球賭博の経験を申し出た複数の力士を厳重注意したと発表。14日を期限に各部屋へ実態調査を実施。申告した者は厳重注意とする方針を示す
 ▽13日 琴光喜関が武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)に野球賭博への関与を認める
 ▽14日 相撲協会の実態調査に、過去5年間に琴光喜関を含む力士ら29人が野球賭博に関与したと申告、36人が花札などの賭け事をしたと申告。
 ▽15日 相撲協会が臨時理事会。琴光喜関の名古屋場所出場自粛を了承。賭博を申告した力士らを厳重注意。
 ▽16日 相撲協会は文部科学省から徹底調査を厳命され、外部有識者による調査チームの設置も求められる
 ▽17日 週刊誌に大嶽親方(元関脇貴闘力)と豊ノ島関の野球賭博関与が報じられ、相撲協会が2人を事情聴取
 ▽18日 時津風親方(元幕内時津海)、豊響関、豪栄道関が野球賭博関与を認めたことが判明
 ▽19日 阿武松部屋の床山が胴元との仲介役だった疑いが強まる。この日までに、警視庁が琴光喜関から口止め料を脅し取った疑いで現役力士の実兄らを立件する方針を固める
 ▽20日 千代白鵬関の野球賭博関与が判明。警視庁、関与した大半の力士らの事情聴取を終了
 ▽21日 相撲協会が臨時理事会。名古屋場所開催は7月4日に最終判断する方針を決定。外部有識者による特別調査委が発足し初会合。武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)の部屋の雅山関が野球賭博に関与していたことが判明琴奨菊関、清瀬海、普天王関の関与も判明。(時事通信より)




※名古屋は”外国人”場所(!?)となりまーす(笑)。

現・相撲協会さまはただちに清く正しく美しく…”解散”してくださいッッ!!!

こんなにも大相撲をつまらなくしてッッ!!!!もぉ~…。

てか文科省もしっかりしてよ!!
ただちに”事業仕分け”(笑)ですよ!!!

某、放送協会さまも放送はやるんでしょうか???
やめた方がいいんじゃないのかしら…。

てか、放送するのならボクらの”受信料”を返してぇ~(笑)


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。