経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁ、ついにオレンジvsカナリアだぁー!!! 代表史上最高級の守備力を誇る!と言われるセレソン2010 オレンジ軍団史上最高級の攻撃力を魅せる!現代表チーム
※優勝候補”超”筆頭のブラジルを陥落!させたのは、、、あのスナイデルの左足と頭技の炸裂からでした。
彼の(後半で魅せた)プレーがそれまで攻撃的リズム乗れないチームを見事に鼓舞する形に観えました!
南米の超強国ブラジル相手からその試合の”流れ”を大きく変えさせたのはスゴイ!!!です。
まさに”値千金”☆
あるいは(欧州)CLから、彼(スナイデル)は何かの強運を持っているのでしょうか!?(笑)
チームを勝利へと導いた、凄味のあるビッグプレーの連発は、きっと今大会をも代表する名シーンになったでしょう。
スナイデルの左足が吠える~ ブラジルDFの対応のマズさから失点!(記録は”オウンG”)
↑右サイドからスナイデルの左足アーリー・クロスがブラジル・ゴールを強襲です。
慌てた(!?)ブラジルDF陣はGKとも接触し、そのままボールは同点ゴールイン!!(あらっ!まぁ~なんとぉ!?)

さらにその同点ゴールからの15分後(後半23分)。
CK(コーナーキック)から、カイトのバックヘッドの流しを受けたボールはフリーで待ち受けるスナイデルの頭上へ―。
決まったぁ~☆スナイデルのヘッド!!!! 決まったぁ~☆スナイデルのヘッド!!!!
落ち着いて殊勲の勝ち越しヘッド弾を炸裂させましたっ!!!!
’98年決勝でブラジルの失墜するシーンを観た、あのジダン(フランス代表)のヘッドを彷彿させるかの様ですッ!
ブラジルはまたしても”セットプレー”からの失点でした。
決勝点を挙げて喜ぶオレンジ軍団 スナイデルは自分の頭をペチペチ叩いて歓喜を表現!

そのスナイデルの得点後(ブラジルの失点後)は、もうそれそれは散々なセレソン/カナリア(今日のユニはカナリア色ではなかったね…)軍団でした―。
すごい激しい両者のチャージだ! 激突、激突、、、、さすがに熱い!!!これもw杯 頭ごなし的?に手で相手を抑えてる!!

前半から(試合前から毒舌吐きまくりの両者ダネ~笑)両者は、かなりエグい手・足(時には口撃も!?)を使った”タックル”や”チャージ”を繰り返して、相手へのプレッシャーをより掛けているのですが、その2失点した後のブラジルは、イライラの憤りと焦りがもろ!出ていましたね。
しかも事もあろうに…”赤カード”までが出る始末…。
後ろからのチャージのあと・・・ あっーと!!!オランダの選手を踏み付けたぁー!!! 当然っ!!!レッドカードの制裁だぁ~
…最悪、、、酷かったぁ。。
ブラジル本国ではこの敗北と華麗さの見当たらないサッカーに、相当なバッシングの餌食(えじき)になるでしょうね♪w
日本文化なら”ものまね”披露(笑)で許されちゃう?けど…あちらサンはそういう訳には行かないのでしょうね(汗”)。


ただ、試合前半は総合的にもブラジルが完全に押していたと思います!
今大会のブラジル”らしい”組織的な守備・攻撃の速い連動性がありましたもの。
個々の能力では(相変わらずの)凄まじいものをブラジル各選手には強く感じる所でした。
前半のセレソンはまるで”ミツバチ”を襲うかの”スズメバチ”状態の印象でした。

もう怖い!あるいは笑っちゃう!?位までに、激強いあるいは激屈強なフィジカルとパワーぶりですよね☆
あのフィジカルのパフォーマンスでは世界規格的なオランダの守備陣(網)ですが、相手ブラジル選手への当たりを完全に強くして対応・対処している様ですが、、、
ブラジル選手はまるでビクともしないんですよぉ!!!
両者、激しいぶつかり合い 両者、激しいぶつかり合い 右サイド領域を完全掌握していたマイコン選手

全然、すっ倒れないッッ!!!(笑)
どころか、さらにさらに激突進ですよぉ♪w
あるいは狭い所へわざわざパスを通そうとしてくるし~
最終的にはファウルで止めるか…のそんな印象でしたね。

右サイド領域を完全的に掌握していたマイコン(ブラジル代表)は凄かった。TVで映らない所も観たかったですよね☆


そんな中で生まれた試合前半のロビーニョの先制シュートは輝きが違いましたよね~♪
オフサイド・ラインのぎりぎり裏を際どく狙ったかのまさに!”キラー(スルー)パス”の一閃からボールは中央よりを跳び出したロビーニョの足元へ―。
ロビーニョの先制弾 ロビーニョの先制弾 ロビーニョの先制弾
猛ダッシュしつつ、相手DFを避け背中越しに受けるそのパスを見事までにシュート体勢に持ち込み、ゴールまでにする一瞬技の高い能力と決定力!!!(凄まじいぃ~デス☆)
このシーンを観た時は早いけど、これで決まりなのかなぁ~??と思いつつでした。
まさか!?の後半(スナイデルの活躍)でしたね!

これぞ…明と暗ですか、、、
ブラジル相手に”雪辱””を晴らした歓喜のオレンジ軍団 オランダ代表チーム首脳も歓喜のガッチリ握手!

うな垂れる・・・セレソン まさかこんなシーンが… ”闘将”ドゥンガ監督もしばし呆然・・・・・・




セレソンの『10』番は…
カカ カカ 敗北が決まった直後、頭を抱える様に汗を拭っていた

カカ選手はやはりあの輝きを発揮されてなかったのかなぁ~。。。
ゴールを期待させるシーンや演出は度々あったにはあったけれど…
マークもきつかった(?)かもだけど、ミランのときの”あの”カカではなかったなぁ。。。
(個人的には”ミラン時代のカカ”にこそ、強いインパクトが残っています!)
良くも悪くもカカのイメージが今大会のセレソンそのものだったかも!
規律を重んじたりとか、緩急さの少ない縦へのパスワークだったりとか、フィジカル重視!?だったりとか、組織的な(速い)攻守の切り替えだとか…
なんかカカのプレー・スタイルをそのままの反映させたみたいな…。そんな印象です。
偶然なんだだろうけど~

カカとはある意味?対照的な、ロナウジーニョの自由さ(!?)、トリッキーさ(!)、個性さ(!!!)なんかは、今セレソン全体にも感じるシーンが少なかったかな。
”ブラジル”って言うと…あの!独特のリズム感もあるよね~♪(今回はまるで感じなかったね。)
あの存在感にして、それが良いのか?悪いのか??はよく分からないけれど―。
まあ、ロナウジーニョが居たからって、試合に勝利するとは限らないし。(個人的にも観たい選手ではあったけれど~)

全世界のサッカー・ファンへの”サービス精神”は、今セレソンにはなかった!勝利への追求は強く感じたけれど。


○オランダ、4強一番乗り=ブラジルに逆転勝ち

 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会第20日は2日、当地などで準々決勝が始まり、オランダがブラジルに2―1で逆転勝ちし、1998年大会以来、4度目のベスト4入りを果たした。ブラジルは前回に続いて準々決勝で敗退し、6度目の優勝には届かなかった。
 オランダは後半8分、スナイダーのクロスが相手オウンゴールを誘って同点とし、同23分には右CKからスナイダーが頭で合わせて勝ち越した。オランダがW杯にブラジルを破ったのは1974年大会以来。開始10分に縦パスで抜けたロビーニョが先制ゴールを奪ったブラジルは同点とされてからは焦りが目立ち、退場者も出して追いつけなかった。(時事通信より)




7月2日(金)準々決勝
試合開始: 23:00(日本時間)/試合会場:ネルソン マンデラ ベイ スタジアム/主審:西村雄一

オランダオランダ2-1ブラジルブラジル

0(前半)1
2(後半)0

(得点)
ロビーニョ(ブラジル)(前半10分)
O.G(オウン・ゴール)(後半8分)
※スナイデルの得点として認められました!
ウェスレイ・スナイデル(オランダ)(後半23分)

【試合総括】
ディフェンスラインからパスを回して攻撃を作るオランダに対し、ブラジルは厳しいチェックから速い攻撃でチャンスを作る。前半10分にはオランダ守備の一瞬のすきを突いて、ロビーニョが長いスルーパスから先制点をマーク。ブラジルは狙い通りの展開で前半を追えた。後半に入り、オランダは8分にオウンゴールで同点に追いつくと、これで息を吹き返し、右CKからスナイデルが決めて逆転に成功。あせりが出たブラジルは5分後にメロが相手選手を踏みつけて一発退場。数的有利を得たオランダが最後までブラジルの攻撃をしのぎ切り、W杯では74年大会以来のブラジル戦勝利を挙げた。(ヤフーw杯サイト







○警告連発する激闘必死戦も(日本人初の”ベスト8主審”)西村主審の名ジャッジが冴えるッッ☆
オランダvsブラジル 西村主審 オランダvsブラジル 西村主審

西村主審はこの激戦・屈指の好カードを”黄色5枚、赤1枚”とどれも”的確”に裁かれていましたよね!!

○西村主審ら注目カードをジャッジ

 準々決勝の注目カード、オランダ―ブラジルは西村雄一主審、相楽亨副審、鄭解相副審(韓国)のセットが務めた。西村主審らは1次リーグでも3試合を裁いており、日本人審判としては1大会では最多の4試合目の担当だ。
 今大会は誤審が相次いでおり、準々決勝ともなれば、3人に掛かるプレッシャーも増してくる。前半8分、アウベスのパスを受けたブラジルのロビーニョが先制点を挙げたかに見えた場面では、その1本前のパスがオフサイド。これを鄭副審が正確にジャッジした。(ポートエリザベス時事)




スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。