経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”その1”に引き続き・・・”その2”(5)~(3)です。


(5)サッカー・・・貫禄の連続Ⅴ2鹿島アントラーズと、”無敵艦隊”スペインの欧州制覇!

↑DF岩政選手の起死回生!?優勝を呼び込んだ!?ロスタイム劇的ヘッド!

Jリーグ、シーズン終わってみればやっぱり!?の鹿島アントラーズが優勝!しかも昨季に続いての連続優勝でした。先日終了したクラブW杯の予選にあたるアジア・チャンピオンズ・リーグにも出場してでのスケジュール調整、大黒柱!小笠原選手の故障と離脱等のチームの危機的状況もありながら、若い選手の台頭があったりで、どこよりもチームが”一枚岩”として機能していたのでしょうね。。
アントラーズ今季の”大一番”は映像(↑)にもある、岩政選手の劇的なヘッドで決めたゲーム!もし?あの時・・・ロスタイムが4分でなく、3分であったなら?・・・。あの位置でファウルを犯さなかったならば・・・。こういうシナリオにも出来ない!!ゲームを勝利として結果をあげるのが優勝するチームなんだと、またしても思いやられましたね。
マリノスを贔屓目にしている自分にとって、またしても鹿島アントアーズに優勝を持っていかれたのは、悔しい思いもあるのですが・・・。
でもその分、強かった!おめでとうですよね。

そして、欧州選手権’08でのスペイン代表チーム。
こちらもとにかく強かった!!

↑F・トーレス(スペイン)の決勝ゴール

しかも速く巧く堅くビューティフル♪さらに楽しかった♪オレンジ軍団”オランダ”がぶっちぎりで優勝かな?っと思って観ていたのですが―。そのオランダは最強攻撃陣を擁してもあっけなし!!いつもの様に敗戦(ロシアに)。そのオランダに対抗するのにポルトガルかな?って観ていましたが・・・そちらも何かあっけなかった・・・。C・ロナウドも大した見せ場無く―。
常勝・上位国のイタリア、フランスといった好ゲームもありつつ、潰し合い!
決勝は超攻撃パス・サッカーを魅せるスペインと堅守ドイツとの一騎討ち!


ダイジェスト映像(みたい・・・)。



(4)上野投手の鉄腕・剛腕と心臓病にも負けない西山選手の大活躍(初栄冠!ソフト日本代表)
ソフトも団体競技ですからね。。
ひとりのチカラで勝てる程絶対的に甘くも無いのでしょうが・・・分かっていてもエース上野由岐子投手の鉄腕の活躍は凄かった!!!ですよね。
毎度日本チームの前に立ちはだかるかの大きな壁!アメリカ・チーム。あの4番の選手の怪力ぶり!?も凄まじかったのですが―。
決勝では要所、要所を踏ん張ったそのマウンドの上野投手に、そしてグラウンドで躍動する選手たち。
実況の(確か・・・?)工藤アナ(NHK)と解説の宇津木さんの興奮と応援もTV観戦をより盛上げてくれていましたね!最後の絶叫は・・・感動しました。

・決勝(vsアメリカ代表戦)
次回の”ロンドン五輪”ではソフトボール競技は行われない・・・と。残念な想いですが、欧州人にもこのソフトや野球のすばらしさをとにかく知って欲しい!!し知るべき!!ですよ=


・西山選手を特集した(TV)映像
そして、地元神奈川の出身という西山麗選手。彼女自身の心臓は、アメリカでの臓器提供バンクを通じて心臓手術を受け、選手生命を繋いでいるという・・想像するにも簡単には出来ないほどの苦労をしている選手。
グラウンドでいつ倒れてしまうのかも分からない!という事もあって、親御さんはいつも応援のために球場へ足を運ぶのでは無く、とにかくカラダを心配しての観客席から西山選手を見守っている・・とも聞きました。
それでも西山選手はソフトが大好きでグラウンドに立って必死なプレーをしている!
まさにカラダを張っての根性とソフト魂と命を懸けて戦っているわけで・・・。ボクの様なヘコタレテいる者がどうこう言える訳も当然ありませんが、準決勝(だったはず!)での西山選手の大活躍は何か凄く嬉しかった・・・です。格好よくとても輝いていましたよね=






(3)”大関昇進へ!!安馬の台頭と横綱白鵬のプライド懸けたこれぞ大一番!(大相撲:九州場所)”

やはり映像を観た方が早いでしょう♪この大相撲~大一番!!これがっ、誰もが求める大相撲にある本来の姿なのではないでしょうかね☆
生年月日が1984年4月14日生まれの”安馬”(初土俵は2001年1月場所)改め現”日馬富士”(はるまふじ)と、同じく1985年3月11日生まれの白鵬(初土俵は2001年3月場所)です。
出世ではもちろん!ご存知”横綱”へと駆け上がった白鵬が上なのですが、生まれも初土俵も実は安馬が先になるという先輩力士になります!!
大相撲の世界ですから、役の”上”の人間が絶対的なチカラをも誇示出来るわけですが、この安馬と白鵬は、同世代ということもあって、二人でライバル視もしていると聞きます。
一方は、”横綱”としていよいよ磐石となる己の時代をつくるべく!と、もう方や”新大関”の懸かった大事な場所!・・しかも自身の”初”優勝までもが懸かった大一番!!
”白鵬と安馬”・・・お互い相手に不足は無い!!はずですっ。
その持ち前のスピード感ある相撲センスと体力をこの一年を通じて魅せ続け、いよいよの本領発揮として、さらに”時の勢い”にも乗ってきた!!安馬。
白鵬はその技巧、スタミナと屈強さもある体力を備え、しかも勝利へと固執するプライドや精神力も安定しこの安馬の前に立ちふさがります。
ライバル同士が、まさに!’08年の最後に大相撲なる”激勝負”を魅せてくれました!
素晴らしい勝負でした。

・・土俵以外の外では、色々と何かの問題も山積している相撲界・・・
関係者の”相撲”への真摯な取り組み、力士たちの頑張りで、人気も影響力もまた復興して欲しいものです―。


※2008年12月30日に記載したブログ記事の再アップになります。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。