経済
犬時計/ひとりつぶやき
プロフィール

sihuku37

Author:sihuku37
横浜市生まれ&在住になるプロ野球ほかスポーツのファン。
地元『横浜ベイスターズ』を健気に地味に応援中~☆

全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○深澤アナ&関根氏コンビ、ニッポン放送で復活
 
7月15日の「ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦」(神宮)で、解説を野球評論家の関根潤三氏(82)、実況を同局OBの深澤弘アナウンサー(73)が担当する。

 深澤アナは1964年から実況を開始し、名調子を響かせてきた。関根氏がニッポン放送の専属評論家に就任した66年にコンビを結成。以来、深澤氏が現場を離れた96年まで、関根氏が各球団の監督、コーチを務めた期間を除き、丁々発止のやりとりを繰り広げた。

 野球ファンにはお涙ものの組み合わせ。開局55周年記念日に行われる同試合で、局側が王道の実況スタイルを復活させようと依頼し、深澤氏の快諾を得たという。

 深澤アナウンサーは「13年ぶりのラジオ実況が大乱戦になり、途中でスタミナ切れするかと思った。最後までもったので、まだまだ捨てたもんじゃないな」。

 関根氏は「きょうは深澤さんの実況にあわせてしゃべるだけだったから今シーズン一番楽な仕事だったよ。楽しかった」と笑顔で振り返った。
(サンスポ)



※15日の夜のラジオ中継はボク的にもすごく楽しみ♪でした~
ボクが少年時代のときに慣れ親しんだ好きな実況アナの一人に必ずこの深沢さんが入ってきます!

とても”歯切れ”が良いと云いますか・・・とにかく想像も妄想もしやすく聞きやすいんですよね~
映像の無いラジオ中継ですと、脳内でその場面・風景を思い浮かべながら想像力とともに聞いているのですが、深沢さんのそれは臨場感も興奮も感じられたんですよ=


昨晩の放送では、プロ野球界も選手自体もどんどん若い選手が台頭されてきて、この野球界の時代の変化のスピードに対応されていないかの印象も受けました。
さすがに?!一線を退いてからもうだいぶ経ちますし、深沢&関根さんのコンビではどこか着いて来れてない印象も正直あったのですが・・・。(しょうがないのですけどね・・・)

それでも、あの声、あの解説にある”節”は誰にも真似の出来ない素晴らしい!!オリジナルなんですよ!(楽しかった♪です。)
懐かしさもありましたが、深沢さんの実況はやっぱり好きでしたね。。
関根さんもニッポン放送の”解説”・・・永いですね~今だに時折ですが、聞こえてきますからね。。
元気で何よりです!!




この日の放送では、懐かしい”ホームラン・ジングル”(ファンファーレ♪です。)音も使用されて、この効果音も興奮を煽る要素でしたね!
’85年の阪神タイガース、”バース・掛布・岡田”のバックスクリーン3連発もこの効果音が3連発に流れていたんですよ~


こちらは、タイムリー・ヒットが出ると鳴り出すジングル音。
昨晩はラジオのスピーカーの前で”待機”してましたよ(笑)。


スポンサーサイト

コメント

朝塩 : 実況ありがとうございます

ショーアップナイターの黄金期に関東在住で胸躍らせていたのですが、ゴールデンコンビが復活していたのを知らず涙していました。でも実況とジングル(!!!)聴けてとてもうれしいです。

sihuku : ありがとうございます^^;

朝塩さま こんばんわ!
わざわざの返信、ありがとうございます♪^^
もっと良い環境と音源で録りたかった(そしてアップも~)のですが・・・
申し訳ない位に雑音混じりで恐縮なのです。
ボクも深澤さんの名実況が好きで(80年代当時から)よく聴いていました!
同じように好きで聴いていらっしゃった方が多く居て、それを知るだけでもとても有意義で嬉しくも思いました。

コメントありがとうございます。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

ブログ記事 検索フォーム
ニュースと天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。